花粉症に効くおすすめハーブティーの作り方。咳、喉のイガイガにも効果あり

何種類もあるハーブの中には花粉症を緩和させる効果を持つものがあります。

今回は身近で手に入りやすく、咳、喘息、喉のイガイガにも効果のあるハーブを、私も飲んでいるハーブティーの作り方とあわせて紹介しようと思います。

ハーブティー

花粉症にオススメのハーブ

癒し効果:ジャーマンカモミール

カモミール

リラックス効果があるハーブとして有名です。
ジャーマンカモミールは、ハーブティーにすることで体を温め、月経痛などを緩和することができます。
さらに風邪や不眠、抗酸化作用や、粘膜系の過敏症を緩和する作用もあります。
また、精油成分のアズレンは炎症を鎮める働きがあります。(鎮静作用)

カモミールには、”ジャーマンカモミール””ローマンカモミール”の2種類があり、一般に多く飲まれているのはジャーマン種になります。
ローマン種は少し苦味がありますね。

※キク科アレルギー(ブタクサ・ヨモギ)の花粉症の人は飲むのを控えてください。

万能薬:エルダーフラワー

エルダーフラワー
抗アレルギーや抗ウィルスの作用があるため、花粉症や風邪の初期症状に効果があります。

気道をきれいにしてくれることから、風邪やインフルエンザの治療に用いられてきました。
アレルギー性の鼻炎や花粉症などの鼻水・鼻づまりなどを緩和する効果があります。
また、エルダーフラワーは利尿作用と発汗作用もあり、体内に溜まった毒素の排出を助けます。

むくみの気になる方にもオススメ。
エルダーフラワーのハーブティーは、マスカットのような甘い香りが特徴で、くせもなく飲みやすいです。

神経をなだめて不安を取り除いたり、憂鬱な感情をやわらげる効果もあるためリラックス効果のあるカモミールとの相性は抜群です。

※生や未熟な果実、種子、葉、樹皮には、人体に有害な成分が含まれているため、熟した果実や花以外は食べることができません。

ハーブティーの作り方。ブレンドして相乗効果!

ハーブティーはブレンドすることにより飲みやすくなり、相乗効果にも期待できます。

シンプルにカモミールエルダーフラワー2種類を使ったハーブティーの作り方です。

●ティーカップ約1杯分 分量

  • ジャーマンカモミール・・・ティースプーン1/2
  • エルダーフラワー・・・ティースプーン1/2
  • お湯・・・150CCほど

※ティースプーンは先が直径4cmのものを使用しています。

ジャーマンカモミール

カモミール

エルダーフラワー

エルダーフラワー

ポットにお湯を注ぎ”2分半~3分”ほど待ちます。

ハーブティー

ティーカップに注いで出来上がりです^^
ハーブティー

少し香りは弱くなりますが、もう一度お湯を入れて飲むこともできます。

効果

イライラを抑えたり鼻水、鼻づまりに効果があります。

花粉症または風邪をこじらせ、咳が出るときにもオススメです。
咳がひどくなり喘息になりそうなとき、またなってしまった際に、喉のイガイガを落ち着かせる効果が期待できます。

ちょっと違う飲み方で鼻づまりを解消?

ハーブティー

少し高さのあるカップに注ぎ、写真のように飲みます。

ゆっくり「ホ~」もしくは「ふ~」っと淹れたての熱いハーブティーを冷ましながら飲むと、鼻に温かい蒸気が入り鼻づまりの解消に効果があります。
口で息を吐き、鼻で香りを楽しみながら息を吸う感じです。

スポンサーリンク

花粉症の症状がひどいとき、イライラしてしまうとき、喉がイガイガするときなど状況に応じて飲んでもいいですし、1日3~4杯、食後に飲んでもいいと思います。
薬などと違い1回の作用は低いため少し多めに飲んでも大丈夫ですが、個人差もあるため飲み過ぎには注意してください。

ブレンドして更に効果が期待できるハーブ

手に入るのであればあわせて飲むと更に効果が期待できるものを紹介しておきます。

先ほどの分量に葉を1枚入れてください。

スーッと爽やか効果:ペパーミント

ペパーミント

メントールのスーッとした爽やかな香りが、気分をリフレッシュしてくれます。

ヒスタミンの放出を抑え、炎症を鎮め、かゆみを軽減しますので、花粉症やアレルギー性鼻炎などの症状を和らげます。
解熱、発汗作用があり、咳・痰・鼻水・鼻づまりを楽にしてくれます。

少し刺激の強い:ユーカリ

ユーカリ

薬のような苦味のある香りですが、スッキリとしています。
殺菌効果、抗ウィルス効果があり、粘膜の炎症をやわらげ、のどの痛み、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、痰など、風邪や花粉アレルギー症状を緩和してくれます。
のどが痛い時のうがいにも使えます。
また、肥満、骨粗鬆症、糖尿病の予防にも効果があります。

多量に摂取すると刺激が強いので、毎日続けての長期間飲用は控えてください。

ハーブは自分で栽培し使うこともできますが、フレッシュ(生)には種類によって人体に有害な成分が含まれているものもあるため注意してください。

ハーブティーは花粉症だけでなく、体内の機能向上にも効果があります。
今回紹介したハーブ以外にも様々な種類があり、ブレンドの仕方によって効果効能が変わります。

合わせ方も香りも楽しめるハーブティー、まだ試したことのない方は1度飲んでみてはいかがですか?

ぜひ読んでほしい!
「花粉症」関連の記事はこちら

ぜひ読んでほしい!
「健康」関連の記事はこちら

ぜひ読んでほしい!
「癒し」関連の記事はこちら

ぜひ読んでほしい!
「ハーブ」関連の記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!

トップへ戻る