【面接マナー】キャンセルなど覚えておきたい事5つ!こんな時どうする?

面接マナー

面接のときはとても緊張しますよね。

些細なことですが、実はそこには気を付けるポイントがあります。

面接のキャンセルなど、
こんな時どうすればいいの?
ということの中で覚えておきたい5つをまとめました。

慌てることが無いように覚えておきましょう。

スポンサーリンク

面接の日、どうしても都合が悪くなった

すぐに担当者に連絡する。
事情を説明してお詫びをし、別の日に再設定してもらいましょう。
相手はこまめにメールをチェックするとは限らないので、必ず電話で相談すること。

出されたお茶は飲んでもいい?

面接中にお茶を出してくれた人には会釈をしましょう。
面接官に「どうぞ」と勧められたら飲んでもかまいませんが、一気飲みするのは上品に見えないので注意してください。

控え室には灰皿が。タバコを吸ってもいい?

灰皿があったとしても遠慮しておいたほうがいい。
化粧直し、居眠り、他の応募者と大声で話すのもマナー違反。

前の会社のことについてしつこく聞かれたら?

慎重に話をしたほうが賢明です。
企業機密にかかわることなら、
「申し訳ありませんがお答えできません」ときっぱり断りましょう。

面接から10日過ぎても結果の連絡がこない

応募者が多いと、選考に時間がかかる場合があります。
面接の最後に合否の結果はいつもらえるか聞いておいたほうがいいですね。
その期限が過ぎても連絡がなければ、電話で問い合わせてみましょう。

まとめ

実際に面接をするとなると、その前や、当日、その後、上で挙げたこと以外にも色々と疑問が出てくると思います。

その場合は、好印象を与えるにはどうするべきかを常に考えて行動しましょう。

こちらの記事もよく読まれています。
【面接マナー】【面接マナー】基本を項目別徹底チェック!自信がない人必見!
【面接マナー】これだけはやってはいけない悪い例NG集7つ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る