映画【耳をすませば】は隠れジブリで100倍楽しめる!裏話などもチェックしよう!

映画【耳をすませば】は隠れジブリで100倍楽しめる!裏話などもチェックしよう!

ジブリの作品は他のジブリ作品と繋がっていることが多々あります。

さらに、別作品のキャラクターが登場したり。
見てて楽しめるように作られていますよね^^

今回は、知っていれば100倍楽しめるであろう内容をまとめてみました。

あのシーンで○○・・・
あっ!今トトロいた!!

なんてことがあります。
隠れジブリや、耳をすませばの裏話、隠されたキーワードなど代表的なものをまとめてみましたのチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

図書館で隠れジブリ①

映画【耳をすませば】は隠れジブリで100倍楽しめる!裏話などもチェックしよう!

図書館での隠れジブリはこのシーン。
ちょっと斜めになった本をよく見ると「TOTORO」と書いてあります。

隠れジブリ②

映画【耳をすませば】は隠れジブリで100倍楽しめる!裏話などもチェックしよう!

時計の文字盤。
よ~く見ると・・・“Porco Rosso”の文字。
あれ?どこかで聞いたことある名前・・・。

『紅の豚』主人公ポルコの名前発見!

隠れジブリ③

映画【耳をすませば】は隠れジブリで100倍楽しめる!裏話などもチェックしよう!

聖司がイタリアに行く前の日の夜のシーン。
雫が電車から見た景色に注目です。

ちょっと見にくいですが看板に「耳をすませば」という看板が!

隠れジブリ④

映画【耳をすませば】は隠れジブリで100倍楽しめる!裏話などもチェックしよう!

このシーンの本に注目!
「霧のむこうのふしぎな町」というタイトルの本なんですけど実はあの「千と千尋の神隠し」の原案になった本らしいですよ!

隠れジブリ⑤

映画【耳をすませば】は隠れジブリで100倍楽しめる!裏話などもチェックしよう!

お父さんにお弁当を届けるシーン。
見逃してしまいがちな部分ですが、向原駅から電車に乗ったところのこの窓の外には「海がきこえる」の里伽子と拓がいます。

隠れジブリ⑥

映画【耳をすませば】は隠れジブリで100倍楽しめる!裏話などもチェックしよう!

このシーンは「魔女の宅急便」のキキと思われる人形が飾られています。

隠れジブリ⑦

映画【耳をすませば】は隠れジブリで100倍楽しめる!裏話などもチェックしよう!
「猫の恩返し」は「月島雫が書いた小説」
このお話は有名ですね。

ですので、共通のキャラクター”バロン”が登場。

隠れジブリ⑧

映画【耳をすませば】は隠れジブリで100倍楽しめる!裏話などもチェックしよう!
これはなかなか気づかない方多いかもしれません。
よく見かける配達業者の車・・・
魔女の宅急便の協賛だった「ヤマト運輸」が登場しています。

隠れジブリ⑨

映画【耳をすませば】は隠れジブリで100倍楽しめる!裏話などもチェックしよう!

ここは見逃し厳禁!
バロンの制作シーンの中に、実は”中トトロ”と”小トトロ”の置物があるんです!

宮崎駿のトトロ愛が見れるシーンです!

不思議な出会い

映画【耳をすませば】は隠れジブリで100倍楽しめる!裏話などもチェックしよう!

雫が出会った猫「ムーン」。
柊あおいさんの原作では黒猫だったようですが、宮崎駿監督は色を変え「ブタネコ」に。

この猫どこかで・・・?

「猫の恩返し」にも登場した”あの”猫です。

「耳をすませば」「猫の恩返し」は原作が柊あおいさんで共通キャラクターの登場がバロンの様にあったほうがよかったのでしょう。
正式に「ムタ」として採用したのです。

聖司の声を演じたあのイケメン俳優とは?

映画【耳をすませば】は隠れジブリで100倍楽しめる!裏話などもチェックしよう!

聖司の声を演じた人が”あの人”と話題になっています
そう、優しそうで、さわやかイケメンの高橋一生さん!
この時はまだかなり若い時だったようですね。
収録から1週間後くらいに声変わりが始まったようですよ。

声変わりしてしまう前の声なので、もうこの作品でしか聞くことのできない声。
しっかり聞いてみましょう^^

聖司と雫へのこだわり

映画【耳をすませば】は隠れジブリで100倍楽しめる!裏話などもチェックしよう!

聖司が雫に朝日を見せるシーン。

このシーンは原作にもあるようなのですが、色々と付け加えられています。
・雫にコートを着せる聖司
・自転車を後押しする雫
・「大好きだ!」と叫んで雫を抱きしめる聖司など。

こういった、人間の情の部分とでもいうのでしょうか、、、感極まったときに起こす行動、気持ちを描いた”抱擁”をテーマのこのシーンは宮崎駿監督の想いが詰まったシーンです。

「耳をすませば」誕生秘話

映画【耳をすませば】は隠れジブリで100倍楽しめる!裏話などもチェックしよう!

「耳をすませば」が生まれたキッカケ。

製作の5、6年前、宮崎駿監督が雑誌「りぼん」の中で柊さんの漫画を見たことからだそうです。過去に机を並べて仕事をした近藤喜文監督が「少年少女の爽やかな出会いの話をやってみたい」と話していたのを思い出し、そこから制作がはじまったとのことです。

雫が書いた物語の世界が映像になる

映画【耳をすませば】は隠れジブリで100倍楽しめる!裏話などもチェックしよう!

雫が書く「バロンのくれた物語」
その物語が具現化するシーンですね。

このシーンの演出担当は宮崎駿監督。背景画は画家の井上直久さん。
(異郷「イバラード」をテーマに作品を制作している方)

この時、ジブリ作品初となる「デジタル合成」を使い、雫とバロンの飛んでいる感じを表現。

声優秘話ですが、この井上さんも声を担当しているんですね。
地球屋で雫が聖司のバイオリンに合わせて歌ったシーンで後から演奏に参加した「南」の声を担当。そして、プロデューサーの鈴木敏夫さんもまたリュートを演奏した「北」さん役の声を担当しています。
しっかり聞いてみてくださいね^^

最後に

いかがでしたでしょうか?
見つけられましたか?

宮崎駿監督の作品に込める想い、特にトトロ愛が強いですよね。
ポニョなどにも登場してますし。

他にもあるよ!
という方がいらっしゃいましたら、ぜひコメント欄に書いていただけると嬉しいです^^

●こちらの記事も読まれています
映画【耳をすませば】金曜ロードショー。放送何回目で今までの視聴率は?声優キャストに話題の人が!
映画【千と千尋の神隠し】裏話・秘話、10倍楽しめる驚きの情報とは!?まとめてみました。

金曜ロードショー
関連の記事はこちら


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!


チクログの記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等でご紹介して頂けると嬉しいです。コピーやリライトされて文章をお使いになる場合なども、引用・参考元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼り記載してください。よろしくお願いいたします^^

シェアする

フォローする

トップへ戻る