実写化映画【ミュージアム】主題歌はワンオク!(ONE OK ROCK)予告動画あり

大友監督とワンオクは映画【るろうに剣心】でもタッグを組みました。
あのインパクトのある曲は最高でしたね!

今回も、予告動画で聞くことができますが、

いい!!

この作品は漫画で読んだときに衝撃的というか、いつの間にか次が楽しみで読んでしまっていた作品でした。
それが、映画化されると聞いてすごく楽しみにしていたんです。

主演が小栗旬さんになるし、主題歌が予想していなかったワンオク!!

原作を知っていると尚更感じるかもしれませんが、この作品がワンオクの曲でものすごくかっこよく、そして心揺さぶられるものに変わっています。

それだけ挿入歌・主題歌は影響力のあるものということ。

その予告と、ワンオクの新曲「Taking Off」が合わさった動画をお楽しみください!

スポンサーリンク

公開日は?

2016年11月12日

キャスト

小栗旬
尾野真千子
野村周平
丸山智己
田畑智子
市川実日子
伊武雅刀
松重豊
大森南朋
カエル男

予告動画

大友啓史監督コメント全文

僕はONE OK ROCKが好きだ。以前、彼らのドキュメンタリーフィルムを見たとき、不意に感情が溢れそうになる瞬間があった。若い才能が人種や言語、肌の色や国境を超え、あらゆるボーダーを超えて人々を魅了していく―その光景に胸を衝かれたのだ。

『るろうに剣心』三部作に引き続いて、今回も彼らに主題歌をお願いした。そして改めて、はたと気が付いた。ONE OK ROCKの音楽に潜む圧倒的なLIVE感・生の鼓動は、現代にあるもう一つのボーダー、「フィクションと現実の壁」を超えて観客の胸に突き刺さる。そう、あらゆる臨界点を超えようとしているこの映画の主題歌を託せるのは、彼らしかいないのだと。劇場の大音響の中でONE OK ROCKの「Taking Off」を体感しながら、ぜひ映画『ミュージアム』の世界を楽しんでいただければと思います。
引用 © oricon ME inc.

まとめ

僕は、鳥肌立ちました。
演技があり、そこにピタッと音楽がハマり、そしてぐぅぅーー!っと映像と曲が入ってくる。

予告なのに久々にあの何とも言えない感覚を味わいました。

この映画は、内容もさることながら出演者、音楽も最高です。

「私刑」をテーマにしたサイコサスペンスなので最高とか言ってしまうとちょっと変な人と見られてしまうかもしれませんが、あくまで作品の内容と出演者、音楽に関してですので。
(;´Д`A “`

これは絶対見に行こうと思っています。

皆さんもぜひ見に行ったら感想などコメントいただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!

トップへ戻る