スーパームーン2016の時間と方角、願い事の叶え方は?地震に注意!?

スーパームーン 引用:http://kiyomin.blogfit.jp/

追記 11/14 日本時間13日午後8時2分に、ニュージーランドでM7.8の地震が起こりました!

11月13日、日本時間午後8時2分に、ニュージーランドでM7.8の地震が起こりました!

急を要するのでトップに書かせていただきます。

ニュージーランド南島で14日午前0時2分(日本時間13日午後8時2分)ごろ、マグニチュード(M)7.8の地震がありました!
震源地はクライストチャーチの北北東へ約93km離れたところで、深さは約23kmとのこと。

震源地の近くの南島カイコウラ等では建物が倒壊、負傷者、死亡者も出ています。
地震後に最大約1.5メートルの津波が観測されたようです。

今のところ日本の気象庁は「この地震による日本への津波の影響はない」とのことですが津波は来なくても地震が来る可能性があり安心はできません。

この記事の下の方にある「自然災害との関係性」と、こちらの記事
スーパームーン前後に地震が来るかもしれない!避難準備はしておこう!月の引力は大地震と関係があることが判明
で、少し書きましたがスーパームーンは地球と距離が近くなるため引力の関係で地震が起きやすくなります。
それは世界のどこで起きるかわかりませんが、今回はニュージーランドです。
ニュージーランドで地震が発生というのが怖いんです!下にスーパームーンに関連した地震を書きましたが、皆さんもご存知東日本大震災、記憶に新しい熊本地震もニュージーランドの地震の後に来ています。

この後も別の場所で地震が起きる可能性がありますし、日本で起きることも考えられます。
あくまで可能性ですが避難準備はしておいたほうがいいかもしれません。皆さんも十分に気を付けてください。
私が防災セットを購入したサイトを載せておきます。
防災士厳選の防災グッズ36点セット

日本時間11月13日23時01分頃、アルゼンチン北西部を震源とするM6.2の地震が発生。
日本時間11月14日9時45分頃、ニュージーランド南島でM6.2の地震発生。

●68年前 1948年1月26日ウルトラスーパームーン
前日フィリピンパナイ島地震発生マグニチュード8.2(1948年1月25日)

●2005年1月10日にスーパームーン
2週間前にスマトラ島地震発生マグニチュード9.3(2004年12月26日)

●2011年3月19日にスーパームーン
1週間前に東日本大震災発生マグニチュード9.0(2011年3月11日)
この背景には2011年2月22日、ニュージーランド南島のクライストチャーチ近郊でマグニチュード6.1の地震が起きています。

●2016年4月7日は新月のスーパームーン
7日後に熊本地震発生マグニチュード7.3(2016年4月14日)
この背景にも2016年2月14日、ニュージーランド南島のクライストチャーチでマグニチュード5.7の地震が発生しています。

もっと詳しく、地震との関係性ついて知りたい方は下の【もくじ】の「自然災害との関係性」から下をお読み下さい。

※追記11/2 2016年はエクストラスーパームーンより大きく見える?
※追記11/5 月の引力は大地震と関係がある!?
※追記11/14 11月14日(月)の見れる地域・場所・天気は?
※追記11/14 スーパームーンの動画
スーパームーン・月をスマホできれいにアップで撮る方法!

「クリアに煌くゴールド」と題してアイシャドウなどにSuperMoonという商品名がつけられるようになったり、また、「願い事が叶う」と話題になり「スーパームーン」が近年注目されるようになりました。

しかし、普通の月とどう違うのでしょうか?

そして、それは2016年いつ見ることができるのか・・・。

「願い事が叶う」と言われているのですが、何やらやり方があるようです。
このチャンスを逃さないようにその方法と時間や方角を調べました。

また、スーパームーンには地震などの災害や潮の満ち引きにも影響していると噂されていますのでそのことについても調べました。

スポンサーリンク

スーパームーンとは?

スーパームーン (Supermoon) とは、満月または新月と、楕円軌道における月の地球への最接近が重なることにより、地球から見た月の円盤が最大に見えることである。天文学的に外からの視点で説明すると、太陽-地球-月系において、月が地球に対する近点(近地点)にあると同時に、太陽と地球に対し月が衝(望)となった時の月のことである。

月は地球の潮汐に関与しているため、スーパームーンによって地震や火山噴火の危険が高まるとの主張もあるが、それを示す証拠はない。
この反対の現象である、遠点での惑星直列はMicromoon(最小満月)と呼ばれるが、この用語はスーパームーンほど広まっていない。
引用:ウィキペディア

名前の由来

スーパームーンという用語は、占星術師のRichard Nolleが1979年に以下のように定義した。

近年では、特に最接近して近点から前後1時間以内に満月または新月を迎えることを「エクストリーム・スーパームーン」 (Extreme Supermoon) 、あるいは「エクストラ・スーパームーン」 (Extra Supermoon) と呼ぶ場合があり、このような満月はおよそ18年に1度の割合で観測できる(1950年以降では、1955年、1974年、1992年、2011年、2014年が該当する)。

一方、スーパームーンという用語は天文学界では用いられず、代わりに”perigee-syzygy”(近点惑星直列)や”perigee full/new moon”(近点満月/新月)という言葉が使われている。
引用:ウィキペディア

つまりどういうこと?

専門的な用語が並ぶとわかりにくいかもしれませんが簡単に言えば、

月が地球に一番接近した時に満月または新月になった、とても稀なケースの月を
スーパームーンと呼びます。

補足
・地球と月と太陽が直線上に並び、月が地球に最も接近した状態。
・一年のうちでもっとも大きく見える満月または新月
・最接近と満月・新月の差が12時間以内のもの(アストロアーツより)

注目されて話題となっているのは満月で一番大きく見えるもののようですね。

地球と月の距離

地球から月までの距離は、楕円の軌道を描くので、

約35万7000km~40万6000kmまで変化します。

通常のスーパームーンはこの距離なのですが、
他に、エクストラスーパームーンというものがあります。
(地球と月の距離が約30万kmになる)

本来18~19年周期で起こると言われている現象で、
以前は2011年、2014年に見ることができました。

●2016年のピーク時間と方角は?

2016年は、11月14日(月)

そしてスーパームーンと呼ばれる状態(満月)になる時間は・・・

22時52分
(2016年は20時20分ごろに約35.7万kmまで最接近し、満月になるのが22時52分ごろ)

方角は南南東

今年一番大きい満月が見られますよ!
(もしかすると21世紀最大になるかも)

1948年1月26日以来、68年ぶりに地球への大接近です。

2016年のスーパームーンは、2015年より地球と月が接近するため更に大きなスーパームーンが見ることができるんです。
(2016年の距離は35,7万km)

月は普段のものと比べると
最大14%大きく、そして30%明るいようですので見ればいつもとの違いに気づきます^^

スマホで月を撮りたい方はこちらの記事をご覧ください
スーパームーン・月をスマホできれいにアップで撮る方法!無料でイケるか?

※追記11/2 2016年はエクストラスーパームーンより大きく見える?

また、2016年のスーパームーンはこのエクストラスーパームーンより大きく見えるらしいのです。
調べたところだと、35,7万kmとのことなのですが、約30万kmまで近づくと言っているサイトもあるんですよね。

エクストラスーパームーンの周期ではありませんが、もしそれ以上に見えるとなると、
21世紀最大のウルトラスーパームーンとも言えます。

大きく見えてとても貴重な現象というのは変わりないので見たいものです。

●※追記11/14 11月14日(月)の見れる地域・場所・天気は?

スーパームーン201611/14天気
出典:Yahoo!天気

本州の東日本、西日本も観測は厳しいかも。

北は北海道、南は四国・九州での観測は厳しいかもしれません。
唯一、沖縄は晴れるようなので見ることができそう。
ただ、曇っているだけであれば月は流星群と違い一瞬のものではないので、雲の合間に見ることができますが雨のところが多いですね。
全国的に厳しいかもしれません。

東京・池袋の展望台で見ることはできそうです。
スーパームーンとダイヤモンド富士2016を池袋で観測できるピーク時間は?11月14日を逃すともう見れない!?その他の場所は?

願い事を叶える?金運アップの方法・やり方とは?

満月の夜にお財布を月に向かって振ると金運上昇すると言われています。

それが、スーパームーンの日ならものすごい効果があるのでは!?

ということで話題になっているんですね。

やり方は、
お財布の中をお金のみにします。
免許証やレシートなどは抜いておきましょう。
(通帳などでもok、ただし残高は極力少な目に)

天候が悪くて曇っていて月が見えなくても大丈夫ですので準備ができたら、

スーパームーンに向かってお財布を振る!
(満月は「満ちた」という意味なので、空っぽのものに光を浴びせることで、そのパワーがお財布などを「満ちる」状態にしてくれる)

これであなたの金運がスーパームーンだけに超金運アップすることでしょう!
d(゚Д゚ )

(占星術から生まれた言葉なので占い・運勢と関係しているようです)

そして今回は月虹も見れるかもしれない!?

スーパームーンだけでなく、月虹という現象も見れるかもしれないと話題になっています。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

スーパームーンで願い事が叶う「幸運の月虹」ムーンボーが見れるかも!?

2017年・2018年・2019年のスーパームーン

スーパームーンには「満月」と「新月」があると上で言いました。
来年以降のスーパームーンはいつ見ることができるのか。

月と地球の最接近のタイミング一致は、14回ごとに起こります。

満月のスーパームーン

2016年は11月14日だったので、

14回後の満月と計算していくと、

2018年のスーパームーンは1月2日
2019年のスーパームーンは2月20日

2017年は見ることのできない年なので「シャイムーンイヤー」と呼ばれます。 
今回2016年のように月がかなり大きく見えるのは、18年後の2034年11月26日までありません。

新月のスーパームーン

2016年は4月7日だったので、

14回後の新月・・・

2017年の新月スーパームーンは5月26日

スーパームーンの画像

大きく、そして明るく見えるのがスーパームーンの特徴。

見るだけでパワーがもらえる気がしてきます^^
スーパームーン
引用:http://xn--p9jbr9b1a6d5316g.com/

※追記11/14 スーパームーンの動画

●2013年6月23日 北海道札幌 スーパームーン

●2015年9月28日 南アルプス スーパームーン

自然災害との関係性

2011年の東北地方太平洋沖地震や2004年のスマトラ島沖地震のような自然災害は、1〜2週間以内に発生しているスーパームーンに起因するという憶測があるが、スーパームーンと大地震の相関関係を示す証拠はない。ただし、深さ40km以内の比較的浅い地点で起こる地震については、月の引力により断層にかかる力が大きくなればなるほど地震が発生しやすくなるという学説が存在する。
引用:ウィキペディア

潮汐への影響(潮の満ち引き)

太陽と月からの地球の海洋に対する影響は、月が新月または満月の時に最も大きくなる。月が近点にいる時は、潮汐力はいくらか強くなり、 Perigean spring tide (近点の大潮)を引き起こす。しかし、この力が最も強い時でも、せいぜい数インチ程度の影響である。
潮汐力は逆三乗則に従うため、力は平均よりも19%大きくなる。しかし、実際の潮の高さは世界中で異なり、直接的な影響は測定しにくい。
2011年3月19日のスーパームーンは、イギリスのソレント海峡での5隻の船の座礁の原因となったと言われるが、そのような主張を裏付ける証拠はない。
引用:ウィキペディア

まとめ

お財布振って金運アップしたいです(切実)
_| ̄|○ il||li

私はスーパームーンに向かってやりますよ!(笑)
皆さんもぜひやってみてくださいね^^

自然災害の話になりますが、、、

2011年3月19日にスーパームーン
1週間前に東日本大震災発生

2005年1月10日にスーパームーン
2週間前にスマトラ島地震発生

これらの自然災害にスーパームーンが起因している証拠はないと言われていますが、何かしらあると思うんですよね。
この小さな影響がだんだん大きくなっていっていて大地震が起きたりしているのではないでしょうか・・・。

潮に関しても数センチ程度の影響というところが引っかかります。
この時点で大地震が起きれば、何倍にも膨れ上がるんじゃないんですかね・・・
津波に繋がるとか・・・。

こういった計算は苦手なので憶測しかできませんけど、スーパームーンの時には地震が起きるかもしれないと頭に入れておいたほうがいいのかもしれません。

ですので、もしかすると今年スーパームーンの見れる11月、少し前の10月の間に大地震が世界のどこかで起こる可能性もあるのではと思っています。

日本では2016年4月に熊本地震が起きましたよね。
そのあとの余震も続きました。

この時は新月のスーパームーンです。

これに気づいたとき一瞬寒気しましたよ。

起こってほしくはないですが、避難できるように避難経路の確保と最低限の食料など準備しておいたほうがいいのかもしれません。

2017年~2019年のスーパームーンの日も書きましたが、金運アップの楽しみとは逆に恐怖もあります・・・。

※追記 11/5 月の引力は大地震と関係があることが判明

コメントを下さった月日星さんありがとうございます。

別記事で引用させていただきます。

できる限り沢山の人に地震の来る可能性のある日を知ってほしいと思います。
避難準備もできますし、沢山の命が救われるはず。

貴重な現象ではありますが、表面だけではなくその裏に隠された自然災害との関係性も皆さん気づいてください。

スーパームーン前後に地震が来るかもしれない!避難準備はしておこう!月の引力は大地震と関係があることが判明

●こちらの記事も読まれています
スーパームーンで願い事が叶う「幸運の月虹」ムーンボーが見れるかも!?
スーパームーンとダイヤモンド富士2016を池袋で観測できるピーク時間は?11月14日を逃すともう見れない!?その他の場所は?
ブルームーンはいつ見れる?ブルーなのに青くない理由とは?見ると幸せになれる青い月
獅子座流星群のピーク時間はいつ?2016年の方角、今年はヤバい?見るときのポイントは?

「星」関連の記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!

コメント

  1. 月日星 より:

    月の引力は強まる。
    地震は起きる。2020年の未来地図は既に明かされている。

    • チクログ より:

      >月日星さん
      コメントありがとうございます。
      記事も拝見させていただきました。
      やはり小さな影響が引き金になっている可能性が高いんですね。
      地震についてはできる限り沢山の方に知ってほしいのでチクログでも引用させていただきます。

トップへ戻る