映画「ビリギャル」地上波初放送はいつ?キャストは?有村架純から受験生へ応援メッセージ!

映画「ビリギャル」地上波初放送はいつ?有村架純から受験生へ応援メッセージ!
(C)2015映画「ビリギャル」製作委員会

有村架純さんが主演の『映画 ビリギャル』のノーカット版が地上波初放送されます!

65万部以上、話題のベストセラーになった奇跡の実話、ノンフィクション作品。

この作品は、2016年の「NHK紅白歌合戦」の紅組司会に抜擢され、2017年4月スタートの連続テレビ小説「ひよっこ」のヒロインも演じる有村架純さんが、日本アカデミー賞で優秀主演女優賞と新人俳優賞をダブル受賞した作品です。

興行収入28億円超、観客動員数230万人突破を記録し、アジアを中心に海外でも続々と上映され大きな話題を呼びました。
彼女は第58回ブルーリボン賞の主演女優賞も受賞。

今回の放送では受験生の皆さんへ応援メッセージもあるそうですよ。

苦労した過去も持っているからこそ出せる、有村架純さんの演技は必見。
成績学年最下位、偏差値30から慶應義塾大学合格を目指す金髪ギャル女子高生のストーリーは勇気をくれます!

放送日・時間などまとめましたので見逃さないようにしましょう!

スポンサーリンク

放送日・時間は?

2016年12月26日

21時から

TBS系で地上波初放送

映画「ビリギャル」とは?

【学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話】

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

名古屋市の学習塾・青藍義塾(現・坪田塾)塾長、学校法人大浦学園理事長の坪田信貴(つぼたのぶたか)さんが、
ストーリー投稿サイトSTORYS.JPに投稿したノンフィクション作品。
アスキー・メディアワークスにより書籍化されました。
モデルとなった女性は小林さやかさん。

そして映画化、2015年5月に公開。

あらすじ

幼い頃から学校に馴染めず転校を繰り返していたさやかはある日下校中、とある中学校の制服を目を奪われる。
それを眺めていた母親がその中学校ならエスカレーター式に高校や大学にあがれるためずっと好きなことをやって楽しくいられるからと言って進学を勧める。それを聞いたさやかは即入学を決め晴れて入学し、その後同じクラスのおしゃれ集団と仲良くなった。彼女らと行動するにつれスカートの丈は短くなり、化粧は濃くなり、勉強もせずに遊ぶ生活が続いていった。そのため高校では1番出来の悪いクラスに入れられ授業中にも関わらず雑誌を読んだり化粧をしながら日々を過ごし、挙句の果には担任にクズ呼ばわれされる始末となっていた。

そんなある日、担任がさやかのバッグからタバコのケースを発見し自宅謹慎になる。ちょうど夏休み前だった事もあり頭髪を金髪にした。そんな時母からある塾の広告を見せられ塾に通う事になったが入校テストでは塾の担任もお手上げの回答ばかり。ただとりあえず目標を持たなければいけないと言われ半ば強引に志望校を慶應義塾大学にした。
ろくに勉強をしてこなかったさやかだが真剣に向き合ってくれる先生や同じ塾にさやかと同じタイミングで入ってきた弁護士を目指すゲーマーのれいじと一緒に勉強する事で意欲を増してゆく。
またクラス担任に慶應を受けると宣言し馬鹿にされ、受かったら校庭を裸で逆立ちして歩くと約束されより一層意欲を増すのであった。
引用:ウィキペディア

出演キャスト

工藤さやか 役:有村架純
(幼少期:山田望叶、根本真陽)
工藤あかり 役:吉田羊
森玲司 役:野村周平
坪田義孝 役:伊藤淳史
本田美果 役:松井愛莉
(幼少期:西川茉佑)
香川真紀 役:蔵下穂波
岡崎結衣 役:阿部菜渚美
玲司の母 役:峯村リエ
西村隆 役:安田顕
工藤龍太 役:大内田悠平
工藤まゆみ 役:奥田こころ
(幼少期:川上凛子)
工藤徹 役:田中哲司
峰岸誠 役:あがた森魚
宮下久美 役:金子海音

監督:土井裕泰

主題歌・劇中歌 動画

主題歌:サンボマスター「可能性」

劇中歌:Saku「START ME UP」

映画予告動画

最後に

受験生にとってはラストスパートの時期でしょうか。

監督は、
「ラストスパートを迎えたすべての受験生とそのご家族の力になりますように!」とコメントしています。

有村架純さんからのメッセージもあるとのことなので、特に受験生の皆さん、この作品の放送の間だけ休憩と思って観てはいかがでしょうか?


学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

Amazon
Kindle

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!

トップへ戻る