わらびの栄養には誰もが気になる”アレ”と妊娠中に良い効能があるってホント?

わらび

春と言えば山菜の1つに”わらびが思い浮かびますね。

日本料理だけでなく、フレンチやイタリアンでも、わらびをうまく調理し、季節感と和を取り入れた料理が提供されます。

にしか食べられないわらび。
アクが強く口にしない方もいらっしゃいますが・・・・・

そんな旬のわらびの栄養には”○○○○”と妊娠中に良い効能があるんです!

スポンサーリンク

わらびの栄養は?

ビタミンB2、ビタミンE、カロテン、食物繊維が多く含まれています。

その中のビタミンB2には皮膚や髪の毛の再生に関与しています。

”○○○○”に効果がある!

注目したいところは、

細胞の老化を防ぐ効能があるということ。

歳

細胞の老が防止にはビタミンEが効果を発揮します。

つまり先ほどのビタミンB2と合わせて老化防止の効能があるということです!

女性にとって天敵ともいえるシワなどはとても気を使いますよね。

もちろんわらびを食べているだけではだめです。
運動やマッサージなどと合わせて食事の際に食べるといいですね^^

元々、ビタミンE抗酸化作用があるので活性酸素が増えるのを防ぐ効果もあり、

動脈硬化やがん予防にも繋がります。

ダイエット中にも食べられる?カロリーは?

わらびのカロリーは

100gで21kcalとされているのでとてもヘルシーですよね。

山菜類は低カロリーのものが多いのでダイエットしている方にはオススメの食材です。

栄養の中には食物繊維がありましたよね?

便秘解消美肌効果にも効果を発揮するんですよ^^

わらびは妊婦さんに本当に良いのか?

結論から言うと

”妊娠中の方にはいい効能がある”です。

妊婦さんには良くないとよく耳にしますが、良くないと言われているのはアクが強い食材だからです。
アク抜きをしっかりしていれば問題ありませんが食べ過ぎには注意してください。

妊娠中の方に良い効能とは?

妊娠

お腹の赤ちゃんが育つのに必要な成分の葉酸が多く含まれているからです。

葉酸が足りないと何らかの障害を持って産まれてくることもあるようですね。

好き嫌いをせず偏食をしないで、普段食事をしていれば自然と葉酸を摂取できていますが、春にしか味わうことのできない旬のものを、せっかくなら美味しくいただきましょう^^

わらびを食べられるときはしっかりとアク抜きをしてから食べましょうね。

こちらも合わせてお読みください。
実は”○○”が大事だった!重曹でわらびのあく抜きの量、時間、方法!

こちらの
「健康」関連の記事も
合わせてお読みください

こちらの
「美容」関連の記事も
合わせてお読みください

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る