Apple Payの使い心地は?

スポンサーリンク
Apple Payの使い心地は?

Apple Payが正式公開されてから驚きの速さでの普及が始まりました。

店頭でのApple Payに対応している端末は、

iPhone7/7PlusとApple Watch Series2(第二世代)のみ

となっていますが、街でも使っている方をよく見かけますよね。

今回はApple Payの使い心地について、掘り下げてみました。

スポンサーリンク

Apple Payの使い心地は?

普及に手助けをしたのは、設定の手軽さでしょう。

クレジットカードは写真を撮るだけ。
クレジットカード会社に何も申告せずともiPhoneをクレジットカードのように使う事が出来ます。

Suicaも登録が可能で、Apple Payに登録したクレジットカードから、Suicaへの入金も可能です。
つまり、Suicaの入金のために並ばなくても、iPhoneの中だけで入金が可能になるのです。

しかし、細かい問題点も。

Apple Watchでの支払いの際は、左手につけているか、右手につけているかによって、大きく利便性が異なります。

通常は右手でSuicaを持って、右側にあるセンサーを通しますが、左手にApple Watchを着用していると、手がクロスする状態になるのです。
こればかりはAppleがどうこうできる問題ではなさそうですが、左手首に時計をする方は、注意が必要なようです。
なおApple Watch本体は、両手首に対応しているのでご安心を。

変わったことが一つ。

Androidスマートフォンに見られる携帯端末を使った決済では、スマートフォンの背面全体をカードリーダに付けていました。

しかし、Apple PayではiPhone上部を接触させることによって、決済を可能にします。
また、クレジットカードは1枚のカードで複数のiPhone7/7PlusやApple Watchと連携できるのに対して、”Suica”は1枚につき1つの端末だけでの登録になります。
iPhone7/7Plusで改札を入場して、Apple Watchで改札から出るという使い方も出来ません。

気になるセキュリティ面について。

クレジットカードを扱うことにより、気になる方もいると思いますが、この一つの売りをセキュリティにしているくらい重要視されています。

クレジットカード情報はAppleのサーバには保存されずに端末本体に直接保存されます。
その保存方法も、セキュアエレメントと呼ばれる個別のチップ内に、保存されていくんですね。

決済時にはTouch IDとよばれる指紋認証を通らなければ決済ができない仕様になっているので、iPhoneを盗まれてもクレジットカードは使われないで済むようになっています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です