iPhoneのバッテリー寿命を縮める?長持ちさせる方法とは?こんな使い方はダメ!

スポンサーリンク
iPhoneのバッテリー寿命を縮める?長持ちさせる方法とは?こんな使い方はダメ!

皆さんは、iPhoneのバッテリーについて、不満に思うことはありませんか?

使い古したスマートフォンから新しいiPhoneに買い換える時、まず驚くのはバッテリー持ちの良さですよね。
できればいつまでもあのバッテリー持ちの良さを維持したいところですが、1年使い終わる頃にはバッテリー持ちの悪さが目立ってきてしまいますよね。

そこで今回は、iPhoneのバッテリーをより長持ちさせるための情報をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

iPhoneのバッテリーの限界

iPhoneのバッテリーの事前情報として、iPhoneのバッテリーは充電回数400回を超えたあたりから、フル充電にしても本来の80%ほどしか充電がされないようです。

電池の減りが異常に早い、バッテリーが膨張してくるなどといった様子が見られた場合は、バッテリーの寿命と言えそうです。通常の使用であれば、3,4年がバッテリーの寿命の目安とされています。

AppleはiPhoneの想定使用年数を3年とし、設計、開発を行っているようです。
バッテリーの寿命が来ると、Apple Careのサポートを受けることになります。Apple Careでも有償での対応になるので、あまり受けたくはありませんね。

バッテリーの寿命を長持ちさせる方法

バッテリーの寿命を長持ちさせる方法について、以前はバッテリーを0%にしてから100%のフル充電を繰り返すというのが通説でした。

しかし現在は、

こんな使い方はダメ!NG充電の仕方

さらに、よく行ってしまうのが、寝る前にiPhoneを充電して、朝に取りはずすという行為。
寝ている間に充電して朝になれば100%で活動できるという、一見理にかなってるかのように思われがちです。

しかし、100%の状態で充電され続けると過充電という状態になりバッテリー自体の劣化スピードを早めてしまうことにつながります。

その対策は?

でも、他に充電する時間なんて無いですよね。対策としては、タイマー付きのプラグを使うことで回避できるようです。値が張るタイプが多いですが、Belkin社製のタイプが人気なようです。


iPhoneのバッテリー寿命を縮める?長持ちさせる方法とは?こんな使い方はダメ!


amazon

最後に

以上がiPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法です。

バッテリーを0%から100%にすることを繰り返すのが良いと思っていましたが、実際は違うのですね。
残念ながらバッテリーがすでに弱っているiPhoneには効き目がなく、これらのことを試してみても今より良くなるということはありません。

新しいiPhoneを使い始めるときには是非、これらのことに気をつけながら使ってみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です