iPhoneヘルスケアアプリの使い方。実は使えるアプリだった!?

スポンサーリンク
iPhoneヘルスケアアプリの使い方。実は使えるアプリだった!?

iPhoneの「ヘルスケア」というアプリはご存知ですか?

ヘルスケアはiPhoneが記録した健康に関するデータを表示するアプリです。
iPhoneには様々なセンサーが内蔵されており、常に持ち歩くiPhoneと健康を結びつけたアプリなのですが、実際に使っている方は少ないようです。

今回はこのヘルスケアというアプリの使い方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ヘルスケアアプリ

iPhoneヘルスケアアプリの使い方。実は使えるアプリだった!?

ヘルスケアで表示できる項目は数多くあります。歩数計や移動距離であれば、初期状態から見ることができます。体温やカロリーを記録することもできれば、サードパーティ製のアプリと連携をして記録することもできます。
記録されたデータは、バイタル、フィットネス、身体測定値でカテゴライズされ、自分でダッシュボードを整えることで、自分にあったヘルスケアデータを表示することができます。

iPhoneヘルスケアアプリの使い方。実は使えるアプリだった!?
iPhoneヘルスケアアプリの使い方。実は使えるアプリだった!?

連携で使えるアプリ

アプリとの連携では、睡眠分析を行うことができます。
目覚ましアプリで有名な「Sleep Cycle Alarm Clock」(クリックでアプリページへ)を使うことで、睡眠時間の記録を行うことができます。目覚ましアプリでヘルスケアアプリとの連携を許可しておくと、睡眠時間がヘルスケアアプリに記録されていきます。

Apple Watchと連携をすることもできる

Apple Watchの代表的な機能として、ヘルスケアデータの記録があります。

そのApple Watchのハードウェア的機能と、iPhoneのヘルスケアアプリを連動させることでより精密な、幅広い種類のデータを測定することができます。心拍数を測ると、毎日の体調管理や、運動時の負荷の目安として使うことができますし、Apple Watchのワークアウトでサイクリングをすると、Apple WatchのアクティビティアプリとともにiPhoneのヘルスケアアプリにも記録が同期されていきます。

このようなことを踏まえると、Apple Watchを使うことでヘルスケアアプリの真価が発揮されるのですね。

最後に

以上がヘルスケアアプリの紹介と使い方です。

ヘルスケアデータを測定することができるハードウェアは、Apple Watchだけでなく、Withings社製の体組成計などでも測定をすることができます。iPhoneのヘルスケアアプリ対応製品は今後も増えていく予定なので、これを機会に健康に気をつけてみてはいかがでしょうか。

いつも身につけているiPhoneだからこそ、健康の記録もデータ化して見ることで、より健康的な生活を送ることができますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です