iPadの使い道について考えてみた。長所・短所は?

スポンサーリンク
iPadの使いみちについて考えてみた。

iPadを使う方が増えていますね。

発売当初は「iPhoneを大きくしただけだ」と言われ放題でしたが、タブレットという概念が広まり、ビジネスマンなどから有用性が認められるにつれて、家庭にも普及していきました。しかし購入を思いとどまっている方々がいるのも事実です。

筆者なりに考えられる、一般的にiPadが使われる場面をサイズ別に長所や短所も考えてみました。

スポンサーリンク

・iPad mini(7.9インチ)の場合

iPad miniの特徴は、片手でもガシッとつかめる気軽さ。重さもiPadの中では最軽量で、スペックもそこそこです。

考えられる場面としては、電子書籍があります。
気軽に読むことができるサイズ感と、Kindleに比べても十分すぎるほどの容量。インターネットでレシピを見ながら料理をするのには最適なサイズです。

どこにでも持っていける気軽さがありますね。

・iPad Air(9.7インチ)の場合

iPadにおける中間サイズです。基本的にはオールマイティに使う事が出来ます。
逆を言えば、片手で掴むのは難しく、気軽に取り出すサイズではありません。

・iPad Pro(12.9インチ)の場合

約13インチ。
ノート型Macにもほぼ同じサイズのディスプレイを持つ機種があります。

ほぼPCのように使えるかと思いきや、搭載されているOSはすべてのiPadで共通のiOSなので、mac OSほどの自由度はありません。

画面のサイズだけで話を進めましたが・・・

9.7インチサイズのiPadにはiPad Proと呼ばれるモデルがあり、それらはApple PencilとSmart Keyboardを使うことが出来ます。その名が表すように、スタイラスペンと、キーボードが別売りで販売されており、iPadの可能性を広めることが出来ます。

MacBookを広げるまでもないような作業をiPadでするのか、iPhoneじゃ間に合わないような作業をiPadでするのか、考え方は人それぞれだと思います。

考えどころなのが、iPadはMacほど自由度が無いということです。
必然的に文書作成の一本に絞られることになり、動画編集、画像編集も不可能ではありませんが、「できないことはない」というレベルに留まります。

iPadの長所はMacよりも気軽な作業が可能だという点です。
ただ、その気軽さと引き換えにMacに比べてかなりの自由度を失っています。

筆者はこの点から気軽さを存分に活かすならiPad miniを使うべきで、iPad miniではカバーしきれない作業であったらおとなしくMacを使おう。。。という考えに至りました。

今後のiPad miniがApple Pencilに対応してくれるのか、注目ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です