iPhone 7/7Plusイヤホンジャックがなくなった!今こそ考えるiPhoneの音楽

スポンサーリンク
イヤホンジャックがなくなった!今こそ考えるiPhoneの音楽

iPhone 7/7Plusが登場して、約3ヶ月。

大きなニュースとなった「イヤホンジャックの撤廃」は世間を大きく惑わせました。

「イヤホンが使えない!」
「これまで使ってたイヤホンは?」

などといろいろな声が上がりつつも、iPhone7/7Plusは世間に広く浸透していきました。
その中で音楽を聞く3つの方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1, Lightning端子でつながるイヤホンを選択する。

これまで付属してきたEarPodsはイヤホンジャックに挿す、言わば「普通のイヤホン」だったのですが、iPhone7/7Plusからはイヤホンジャックに挿す部分がLightning(ライトニング)端子に変わりました。

これによって付属のイヤホンを使えば、今までと同じように音楽を聞くことができるようになります。音質は今までと同じレベルだそうで、デジタル出力であっても変わるようなことは無いそうです。

2, Lightning – イヤホンジャック変換を使う。

iPhone7/7PlusにはLightning – イヤホンジャック変換ケーブルが付属してきます。これを使えば今までの「普通のイヤホン」でもiPhone7/7Plusで使うことができるようになります。

しかし!

音質には賛否両論があり、十分な力を発揮できる事例は少ないようです。

3, ワイヤレスで聞く。

つい先日、Appleからの純正ワイヤレスイヤホンであるAirPods(エアーポッド)が発売されました。

これを使えばワイヤレスな環境でコードを気にすること無く、自由に音楽を聞く事が出来ます。
ネックなのはお値段。税別16,800円です。

イヤホンを買うと思うと高いと感じる方が多いかもしれませんが、デザイン、利便性を考えると妥当な金額では無いでしょうか。さらに、AppleからはBeatsブランドでいくつかのワイヤレスイヤホン、ヘッドホンが発売されています。どちらもW1チップと呼ばれる省電力化を目指して作られたチップがイヤホン、ヘッドホンには組み込まれています。これによって、多少の値段は張りますが、一般的に市販されているものよりはバッテリーが遥かに長持ちするようになっています。

最後に

以上がiPhone7/7Plusで考える音楽の聞き方です。これらのことからAppleは、利便性と音質を切り離して考えていることが想像できますね。

iPodでポータブルオーディオプレイヤーの存在を広めながらも、音質といえばSONYと言われることが多くなった現在、Appleが目指している音楽の聞き方は、音質を到達目標にはしていない。
「いつでもどこでも」、その考え方から、iPhoneとiPodを統合したのかもしれません。

●こちらの記事も読まれています
AirPodsが発売開始!価格、性能、使い心地、音質は?
イヤホンだけじゃない!iPhone付属EarPodsの使い方!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です