iPhoneの言語設定を変更する方法、英語などに変更!

スポンサーリンク
iPhoneの言語設定を変更する方法、英語などに変更!

皆さんはiPhoneを日本語で使用していますか?

大半のユーザーは初期設定されるように日本語で使用しているかと思います。
しかし、iPhoneの言語は自由に変えられるって知っていましたか?

iPhoneの言語を変えられれば、海外の語学を勉強する時にとても有利になると思います。難しく思いがちなこの設定も、iPhoneの設定アプリから、言語設定さえ変えればいつでもiPhoneの言語を変えることができるんです。

今回はその方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

言語設定を変更する方法

具体的な設定方法は、以下の通りです。

設定アプリから、
「一般>言語と地域>iPhoneの使用言語」と辿っていくことで好みの言語に設定をすることが可能です。

1、
iPhoneの言語設定を変更する方法、英語などに変更!
2、
iPhoneの言語設定を変更する方法、英語などに変更!
3、
iPhoneの言語設定を変更する方法、英語などに変更!

英語に設定すると、英語のキーボードしか使えないの?と思う方もいるかもしれませんが、キーボードの設定は個別に変更することができます。

iPhoneの使用言語は英語にしても、日本語キーボードを使うことができますし、その逆も、そのほかの言語でも可能です。言語と地域の設定画面では単位を変えることもできます。

以上がiPhoneの言語を変える方法でした。
とても簡単に設定を変えることができましたね。日本語以外の言語にしたあとに、日本語に戻したくなった場合でもご安心を。言語が変わってもUI(ボタンの配置場所)は変わらないので、このページで紹介されているように戻していけば、日本語に変えることもできます。

言語変更の注意点と対策

注意点は、iPhoneの言語を英語にして、Googleで検索をすると、英語で書かれているページが優先的に検索されてしまうようです。その場合はGoogle側の検索設定を日本語を優先するように設定することで、通常通り使うことができるようです。

アプリの表記も英語に変わるようですが、アプリ内で個別に設定することも可能なようです。ちなみに筆者は英語で使用して、英語に慣れようと頑張っています。普段から使うiPhoneだからこそ、言語を変えるだけでガラッと雰囲気も変わりますし、慣れたい言語に慣れることもできますね。

なんとなく英語にしてみるだけでも気分を新たにiPhoneを使うことができますし、使い慣れたiPhoneでは案外説明文を読むことができるはずですよ。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です