MacBook Pro、2015年モデルと2016年モデルの違いは?

スポンサーリンク
MacBook Pro、2015年モデルと2016年モデルの違いは?

MacにはMacBook Proと呼ばれるハイスペックなノートモデルがあります。

このモデルは外観などが長らくアップデートされていませんでした。しかし、去年の暮ごろにアップデートされ、一新されたモデルになったといっても過言ではないのほどの変化を遂げました。
しかし、どこがどう変わったのか2015年モデルも売っているけどどれを買っていいのか、わからない方もいるかと思います。

今回はそんなMacBook Proの2015年モデルと2016年モデルの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

・Touch Barがついた

MacBook Pro、2015年モデルと2016年モデルの違いは?

大きく変わった部分は、Touch Barと呼ばれるタッチディスプレイが、キーボードの上部につけられたことです。

普段あまり使わないファンクションキーを廃止し、アプリケーションとの連携を行うことができる部分を追加しました。対応しているアプリケーションはまだまだ少ないようですが、クリエイティブな作業のみならず、普段の文書作成でも効果を発揮するようです。
13インチモデルにはTouch Barを搭載するモデルとしないモデルがあり、不必要だと考えれば搭載しないモデルを選ぶこともできます。しかし、搭載しないモデルのスペックは大きく劣り、廉価版として位置づけられているようです。

・Touch ID搭載

MacBook Pro、2015年モデルと2016年モデルの違いは?

Apple製品のセキュリティを高める指紋認証システム、Touch IDがMacにも登場しました。
これによって、Apple Payを通じて、Mac上で金融決済を行うことができるようになりました。またMacのロックの解除もiPhoneのように指紋で解除することができます。

・カラーバリエーションが増えた

MacBook Pro、2015年モデルと2016年モデルの違いは?

これまでのMacBook Proにはシルバーのモデルしかありませんでした。
しかし、2016年モデルには、ブラックが追加されました。雰囲気が大きく変わりますが、背面のアップルロゴは鏡面仕上げになり、光らなくなりました。

・Thunderbolt 3

MacBook Pro、2015年モデルと2016年モデルの違いは?

「Thunderbolt 3端子」が標準で搭載されています。
これにより、日常的に使うUSB3.0は廃止となり、変換アダプタを使う必要が出てきました。性能は格段に上がっていますが、汎用性がまだまだ足りないのがこの「Thunderbolt 3」です。

最後に

以上がMacBook Proの2015年モデルと2016年モデルの違いです。

この他にも画面の輝度や、全体的な処理能力、薄さなどが向上しました。どれを買えばいいのか、悩みどころですが2016年モデルには不具合が多く見られるようです。Apple製品の質が悪いと言うわけではなく、大きくモデルチェンジした製品はこの手の不具合が多いようです。

安定志向の方は2015年モデルを、よりハイスペックなものを選びたいのであれば、2016年モデルを選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です