YouTube動画をiPhoneでバックグラウンド再生する方法

スポンサーリンク
YouTube動画をiPhoneでバックグラウンド再生する方法

iPhoneのYouTubeアプリでは、YouTubeアプリを閉じるとバックグラウンド再生が止まってしまいます。

YouTubeには公式チャンネルでアップロードされているMVがたくさんあります。外国の方がアップロードしているMIXも、iPhoneで別の作業をしながら聞きたいですよね。

今回はiPhoneでYouTubeをバックグラウンド再生する方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

iPhoneでYouTubeをバックグラウンド再生する方法

1, SafariでYouTubeにアクセスする

iPhoneにインストールされているSafariからYouTubeにアクセスします。YouTubeのアプリを使わないのがポイントです。

2, バックグラウンド再生したい動画を選択して再生

MVやMIXなどを検索ウィンドウから検索します。その後に、バックグラウンド再生したい動画をタップして再生します。

3, Safariを終了する

Safariを閉じてしまいます。しかし、バックグラウンドでは再生をしたいため、ホームボタンを二回押して、上にスワイプするなどアプリを完全に終了することはしないでください。この段階では音は止まってしまいますが、次の動作で音は出るようになります。

4, コントロールセンターから音声を開始させる

YouTube動画をiPhoneでバックグラウンド再生する方法

iPhoneの画面を下から上に①スワイプして、コントロールセンターを起動します。さらにコントロールセンターを②左にスワイプすると音楽をコントロールするパネルが現れます。そこで、停止マークを再生マークに変えることで、音声が出るようになります。

この状態になれば、iPhoneの画面をロックしても音は流れたままになります。

最後に

以上がiPhoneでYouTubeをバックグラウンド再生する方法になります。

公式のYouTubeアプリで再生すると、バックグラウンド再生はできませんが、Safariを使うとバックグラウンドで音声のみが再生できるようになります。イヤホンを使っても、この効果は持続されます。
しかし、通信は動画データも送られてきているので、通信するためのパケット量は動画を見ているときと同じになります。なので、外でYouTubeをバックグラウンド再生すると、通信制限にかかりやすくなってしまいます。ご家庭などのWi-Fiを使えばだと、その心配はありませんよ。

みなさんも、YouTubeにある音楽はSafariで聞いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です