梅雨に咲く花の名前と花言葉は?心を癒すおすすめ10選!

雨

梅雨の季節が近づいてまいりました。

梅雨になると空も暗く、ジメジメとした日が続き、気持ちまで憂鬱になる・・・。そんな方も多いかと思います。

そんなあなたへ、沈んだ心を癒してくれる梅雨に咲くおすすめのを、花言葉を添えてご紹介します!

今年の梅雨は、綺麗な花と共に明るい気持ちで過ごしましょう!!

スポンサーリンク

梅雨に咲く花は?

紫陽花,花

梅雨の花といえば、一番に思いつくのが「あじさい(紫陽花)」。

雨に濡れる紫陽花の花、そして葉っぱにはカタツムリが。そんなイメージではないでしょうか。
ですが梅雨に咲く花には、他にも沢山の種類があるのですよ。

代表的な花に、

  • 「紫陽花(あじさい)」
  • 「睡蓮(すいれん)」
  • 「薔薇(ばら)」

などがあります。

梅雨に咲く花は、春から夏へと移り変わる次期でもあるので、色鮮やかな明るい花が多いのが特徴です。

また、沢山の雨を浴びた花や植物は、一層鮮やかさを増し雨の続く梅雨の時期、たまの晴れ間に咲く花の香に、沈んだ気分をリフレッシュさせてくれる効果もあるのですよ。

梅雨に咲く花おすすめ10選!

紫陽花,花

沢山ある梅雨に咲く花の中で、厳選したおすすめ10選の名前花言葉・開花時期などをご紹介します。

薔薇(バラ科)

「花の女王」とも言われ、1輪でも存在感のある花です。
世界で最も知名度の高い花で、品種もさまざまで香にも人気があります。

花言葉:愛・美
開花時期:5月~10月

紫陽花(アジサイ科)

梅雨の雨を受けて咲く花で、小さな花がまとまって咲く可愛らしく、馴染み、親しみのある花。

花言葉:移り気・浮気・乙女の愛・辛抱強い愛
開花時期:5月~7月

睡蓮(スイレン科)

水の底の土や、泥に値を張り、水の上に浮かぶ幻想的な水性植物です。
見ているだけで涼しげな気分にさせてくれます。

花言葉:清純な心・信柳・清争・信頼
開花時期:5月~10月

ラベンダー(シソ科)

癒しの香で代表的なハーブ。アロマなどで香を楽しむ方も多いですね。

花言葉:あなたを待っています・繊細・清潔・優美・期待・幸せが来る・許し合う愛・疑い・不信・沈黙
開花時期:5月~7月

ハイビスカス(アオイ科)

中心から大きく突き出した柱頭が特徴で、南国を代表とする熱帯の花として知名度が高い。
お土産などのモチーフにも使われています。

花言葉:繊細な美・新しい恋
開花時期:5月~10月

プルメリア(キョウチクトウ科)

甘く・フローラルな香りのする可愛らしい花で、南国の結婚式でブーケやアクセサリーとしても使われることが多いです。ハワイではレイにも使われています。

花言葉:気品・恵まれた人・日だまり・内気な乙女
開花時期:6月~10月

スズラン(スズラン亜科)

鈴のような花を数個咲かせ、芳香があり、香水の原料にもされています。

花言葉:幸せが再び訪れる・純粋・純潔
開花時期:4月~6月

ダリア(キク科)

様々な園芸品種があり、色や形も沢山あります。
大きな花は豪華で力強く、咲き方に特徴のある花です。

花言葉:華麗・優雅・移り気・裏切り
開花時期:6月~10月

ニチニチソウ(キョウチクトウ科)

シンプルで初夏から晩秋まで次々に咲く花で、名前の由来にもなっています。
花の中心の色が様々で、バリエーションを楽しめます。

花言葉:楽しい思い出・友情
開花時期:6月~9月

サツキ(ツツジ科)

日本には沢山咲いている、古くから愛されている花です。

花言葉:節約・貞椒
開花時期:6月~7月

スポンサーリンク

なかでも一番おすすめの花はこちら!

紫陽花,花

おすすめの10選の中でも最もおすすめの花は、やはり梅雨の花の代表である《あじさい(紫陽花)》です!

紫陽花は初夏を彩る代表的な花で、咲いてから散るまでの間に花の色を変えます。
小さな花の集まりから「家族団欒・家族の結びつき」という意味もあり、最近では母の日や結婚式のブーケとしても使われることが多いです。

また花の色によっても花言葉が違います。

  • :冷淡・無情・高慢・辛抱強い・愛情・あなたは美しいほど冷淡
  • ピンク:元気な女性
  • 白:寛容

メジャーではありますが、毬のような可愛らしい見た目にも癒される素敵な花ですよね。

まとめ

いかかでしたでしたか?

あなたが気になる梅雨は見つかったでしょうか。

梅雨の時期、沈みがちな気分を明るくしてくれる梅雨の花は、色鮮やかで、みずみずしく、見ているだけで涼しげにしてくれるとても美しい花ばかりです。
お気に入りの花を生け花にしてお部屋に飾ってみてください。気分がパット明るくなりますよ!

歩いているときなどにも、ぜひ梅雨の花を探してみてください。
新鮮で、いつもと違った風景が心を癒してくれるかもしれませんよ。

また、気持ちが沈んでしまっている家族や友人に、花言葉に合わせた花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
プレゼントした方もされた方も、あったかい気持ちになると思います。

嫌な梅雨の時期を、花と共に乗り切りましょう。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!


チクログの記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等でご紹介して頂けると嬉しいです。コピーやリライトされて文章をお使いになる場合なども、引用・参考元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼り記載してください。よろしくお願いいたします^^

シェアする

フォローする

トップへ戻る