おうし座流星群2019を広島デートスポットで見る!ピーク時間と方角は?おすすめの場所で想い出を作ろう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おうし座流星群

夏が終わり、秋になると、夜がだんだんと長くなりますよね。
そんな夜、あなたはどうやって彼女と過ごしますか?

まだ本格的な寒さが訪れる前の秋、
彼女と「天体観測」なんていかがでしょうか?

秋には、「おうし座流星群」が見られるんですよ。
ふたりの永遠の幸せを、流れ星に託してみませんか?

今回は、秋を代表する流星群・おうし座流星群についての情報をご紹介します♪

スポンサーリンク

おうし座流星群とは?

星
おうし座流星群は毎年10月の終わりから11月の中ごろにかけて見られる流れ星の集まりのことで、「おうし座流星群」と「おうし座流星群」のふたつがあります。

おうし座が放射点となっているので、この名前が付けられたんですよ。

この流星群は明るい流れ星が見られることで有名で、なんと11世紀には記録されている、昔から人々に愛されてきたものなんです。

おうし座の神話

おうし座

おうし座の元になったのは、ギリシャ神話の神・ゼウスが化けた牡牛です。

フェニキアの王様の娘・エウロパはとても美しく、その評判は天界にまで伝わります。
その噂を聞きつけたゼウスは地上に行き1頭の白い牡牛に姿を変え、エウロパに近づきます。

美しい牛に心をひかれたエウロパは、思わず近寄り彼の背中に腰を下ろします。
その途端、ゼウスが化けた牡牛は猛スピードで走りだし、海を渡ってある大陸にたどり着きます。

そして、牡牛から元の姿に戻ったゼウスは、エウロパの愛の告白をします。

ちなみに、この時にふたりがいた大陸が「ヨーロッパ」なんですよ☆

おうし座流星群2019のピーク時間と方角は?

星

2019年のおうし座流星群のピークは、南群北群で異なります。

群は「11月6日(水)の午前0時頃」
群は「11月13日(水)の午前0時時頃」です。

残念ながら両日とも月の明かりが強いので、流れ星の観測はしづらいかもしれません。
(13日はほぼ満月です。)

しかし、ゆっくりと流れる流れ星が多いのが特徴の流星群なので、「火球」という大きな流れ星を見られる可能性があります。

観測する方角は、「」。

空を全体的に眺めても流星群は見られるので月明かりが邪魔になりそうなら手などで遮るか、逆の方向を眺めることをオススメします。

スポンサーリンク

広島で見るならこの場所!おすすめデートスポットをご紹介!

星

ここからは、広島県内の天体観測にオススメのデートスポットを5カ所ご紹介しましょう♪

 

呉市かまがり天体観測館

広島県呉市蒲刈町大浦8160

海のそばにある呉市かまがり天体観測館は、さざ波の音をバックに星空を見ることができるのが魅力の珍しい天文台です。
この天文台の周辺には温泉や宿泊施設などもあるので、一泊して彼女とゆっくり過ごしてもいいですよね。

毎週土曜日の19時半~21時までは定例観望会もありますので、天文ファンのカップルにはこちらもオススメです♪

 

星居山森林公園キャンプ場

広島県神石郡神石高原町阿下1091

標高700mの位置にある星居山森林公園キャンプ場は、テントだけでなくバンガローなどの宿泊施設もあるので、キャンプビギナーさんにもオススメです。

キャンプ場に泊まって夜は星空を眺めるなんて、素敵な思い出になりそうです♪

 

星降る展望台

広島県呉市川尻町野呂山

「星降る」なんてロマンチックな名前が付いたこの展望台は、昼間は瀬戸内海の壮大な景色が楽しめる人気スポットです。
夜はもちろんその名前の通り、降り注ぐような満天の星を見ることができますよ。

徒歩圏内にロッジなどもあるので、ゆっくり一泊して朝の瀬戸内海も眺めるのもオススメです♪

 

道の駅 豊平どんぐり村

広島県山県郡北広島町都志見12609

「道の駅」と名前についていますが、そば打ち体験やスポーツ・温泉や宿泊までできる施設です。
昼間にいろいろなアクティビティを楽しんで、夜はロマンチックな夜空を眺めてリラックス…なんていかがでしょうか?

途中の道も幅が広いので、夜道の運転でも安心です☆

 

弘法山こども天文台

広島県三次市甲奴町本郷

弘法山こども天文台は、中国地方の中で最も星がよく見られる天文台として有名です。
予約制の定期天体観測会なども開催しているので、星が好きなカップルにはこちらもオススメです。

建物の外観もログハウス風で、まるで秘密の基地にいる気分になれますよ♪

流れ星を見るときの注意点

星

最後に、カップルで楽しく天体観測をするために注意しておきたいことを見ておきましょう☆

まず、この時期の夜はぐんと冷え込みだします。

冷え性の彼女が風邪を引いてしまわないように、羽織物を忘れずに持っていきましょう。
大きめのブランケットひとつを彼女とシェアしてもいいですよね。

可愛い彼女の背中が冷えないように、後ろからあなたが抱きしめてあげてもいいですよね。

また、天体観測のスポットは夜は明かりが少なく危険です。

大切な彼女がこけて怪我をしてしまわないように、しっかりと彼女を支えて夜道を歩いてくださいね。

普段はボディタッチなんて恥ずかしい…というあなたも、これを機に彼女とのスキンシップを試みてください。

「大丈夫?」

と言って手を差し出すことで自然と手を繋ぐ事も出来ますよ^^

まとめ

おうし座流星群は、

南群は「11月6日(水)の午前0時頃」
北群は「11月13日(水)の午前0時時頃」にピークを迎えます。

残念ながら両日とも月の明かりが強いので、流れ星の観測はしづらいかもしれません。
なるべく暗い空で観測するようにしてくださいね。

神奈川県には幾つもの天体観測にぴったりのスポットがあります。

この記事を、彼女との素敵な夜の思い出づくりの参考にしてくださいね♪

 

2019年、1年間の流星群についてまとめていますのでこちらもぜひご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!

スポンサーリンク



チクログの記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等でご紹介して頂けると嬉しいです。コピーやリライトされて文章をお使いになる場合なども、引用・参考元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼り記載してください。よろしくお願いいたします^^
流星群
チクログをフォローする
チクログ

コメント