スクールソーシャルワーカーとは?子供を守る福祉の専門家!

スクールソーシャルワーカー

子供を守る福祉の専門家、

【スクールソーシャルワーカー】

子供を取り巻く問題はとても多く、親だけでは対処できない事もあります。
その親が問題になってしまうケースも少なくないです。

今回はこの言葉、このお仕事について簡単に説明をします。

【スクールソーシャルワーカー】とは何か?

いじめや不登校、家庭での虐待や貧困など、

子供を取り巻く様々な問題に対処する福祉の専門家です。

主に社会福祉士や精神保健福祉士が選任され、
学校や児童相談所などと連携して問題解決を図ります。

2008年度から文部科学省が始め、2014年度は全国で1186人が活動。
(国の補助金対象となっている活動者数)

同省は2019年度までに約1万人に増やす目標を掲げています。

漫画などにも取り上げられる

私の記憶が曖昧で、どの雑誌に連載れていたいたのか、タイトルなども忘れてしまったのですが

【スクールソーシャルワーカー】を題材にした漫画がありました。

その時読んだものは、家庭内暴力を受けていた子供がフラフラと公園にいたところを
主人公が偶然にも見つけ保護したという内容。

子供は、親が悪いとは言わないんですよね。
「悪いのは自分だから」と。

その後、一旦家に帰すのですが、まだまだ家庭内暴力は続きます。

外傷はほとんどないので分かりにくく証拠にならない。

傷が残らないように暴力をふるっていたんです。

また、何日も飲まず食わずだったりとご飯をもらえない。

最後には、スクールソーシャルワーカーの主人公が無理やり保護するという結果でしたが、

世の中には、こんな事が見えないところで起きているんですよ。

そういった子供たちを守る、スクールソーシャルワーカー。

1万人まで増やす予定ということなので、子供を取り巻く問題が少しでも減ればと心から願います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!

トップへ戻る