紫外線対策の方法は?色々ある対策をまとめてみました!

色々ある対策をまとめてみました!

夏になるとジリジリとエネルギーを増す紫外線

紫外線は肌に様々なトラブルを引き起こし、老化を早める原因となります。
女性にとっては大敵ですよね!

皆さんは、いつまでも若々しく健やかな肌を保つために、どのような紫外線対策を行っていますか?

最近ではそんな紫外線から肌を守るために、店頭でも様々な紫外線対策グッズが販売されています。

そこで、

  • 紫外線対策の方法は具体的に何があるのか?
  • どんな時に効果的か?
  • そもそも紫外線とは?
  • 対策はいつから始める?
  • 肌に与える影響は?

など、さまざまな疑問が浮かびますよね?

そんな疑問を解決するお役立ち情報を、記事にまとめてみました。

  • 紫外線とは何か
  • 紫外線ダメージが引き起こす、様々な肌トラブル
  • 紫外線対策を始める時期はいつ頃なのか
  • 肌だけではない、紫外線が目に与える影響
  • 紫外線対策方法
  • アイテムの効果的な使い方

記事を最後までご覧いただければ、自分に合った紫外線対策がきっと見つかるはずです!

スポンサーリンク

紫外線とは何か?

紫外線は肌に悪影響がある」という事は知っていても、
具体的には「何なのか?」と疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

そこで紫外線について、できるだけ解りやすくご紹介します。

紫外線とは、目には見えない太陽光線の一つです。

紫外線は、「紫外線A波・紫外線B波・紫外線C波」の3つに分けられます。
なかでも地上に到達するのが、紫外線A波と紫外線B波です。

●紫外線A波【生活紫外線】
年間を通して地上へ到達します。天候に左右されず、肌の奥の細胞にまでトラブルを引き起こすのが特徴です。

●紫外線B波【レジャー紫外線】
エネルギーは紫外線A波の1000倍!肌表面に強く影響し、短時間でもトラブルを引き起こします。

夏に注意しなければならないのが、紫外線B波です。
つまり、紫外線は肌に有害性のあるものといえるでしょう。

こちらの記事が参考になるのでぜひご覧ください。

紫外線とは何かを簡単に言うと?スペシウム光線!?ビーム光線!?

紫外線ダメージが引き起こす、様々な肌トラブル

女性,肌

紫外線が肌に与える主な影響は・・・

  • シミ・ソバカスができる
  • シワができる
  • 乾燥する
  • ほくろが増える
  • ぶつぶつ肌荒れ
  • ニキビ・吹き出物が悪化する

など、様々です。

肌の老化の原因は、約9割が紫外線の影響だと言われています。

なぜこのようなトラブルを引き起こすのでしょうか?

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

紫外線が肌にダメージを与えると老化する!?影響はどれくらい?対策は?

紫外線による肌の乾燥トラブル!原因と対策方法はコレ!

検索 紫外線の肌荒れでぶつぶつになる原因は? 紫外線の肌荒れでぶつぶつになる原因は?対策は何をすればいい?

紫外線対策を始める時期はいつ頃?

一年中降り注ぐ紫外線。夏がピークと思いがちですが、実は春の方が紫外線量は多いと言われています。

春の紫外線は、うっかり沢山の量を浴びてしまいがちで、蓄積型の紫外線です。

夏の紫外線は、エネルギーが強く短時間でも炎症を起こしてしまい、肌への負担が大きい紫外線です。

このことから、肌への蓄積的なダメージを防ぐためにも、「春」からの紫外線対策がお勧めになります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

紫外線対策を始める時期はいつから?春と夏どっち?赤ちゃんはいつから?

肌だけではない、紫外線が目に与える影響

紫外線は肌だけではなく、目にも悪影響を及ぼすのです。

紫外線を大量に浴びると、目の痛み・充血などの症状が出ることがあります。

放っておくと蓄積されたダメージが、角膜炎や白内障などの、目の眼病を引き起こしてしまうのです。

また目から入った紫外線が、メラニンを活性化してしまい、シミの原因にもなるので要注意!

詳しくはこちらをご覧ください。

目が痛い?紫外線が目に与える影響とは?

紫外線対策方法

様々な種類のある紫外線対策方法をまとめてみました。

  • 日焼け止め
  • 帽子
  • サングラス
  • 日傘
  • 化粧水
  • 目薬
  • トマト

「日焼け止め・帽子・サングラス・日傘」は、紫外線から肌を守るもの。

「トマト」は身体の中から紫外線の吸収を防ぐ効果があり、「化粧水」や「目薬」は紫外線を浴びた後の、肌や目をケアするものになります。

アイテムの効果的な使い方

対策もいろいろとありますが、それぞれどんな時に使うのが効果的なのでしょうか?

効果的なシチュエーションや使い方をご紹介します。

【日焼け止め】
日焼け止めは年間を通して使っていただくことがお勧めです。

炎症を防ぐには、SPFの値が高いものを。
肌の奥の細胞への刺激を防ぐためには、PAの値が高いものを選びましょう。

自分の使う場面や、肌の状態を考えながら日焼け止めのタイプを選ぶことをお勧めします。

また、汗をかく時期には、こまめな塗り直しが必要です。
突発性の紫外線アレルギーを防ぐためにも、日焼け止めは必須となります!

【帽子・サングラス・日傘】
レジャーなど、強い紫外線を長時間浴びる時に必須のアイテムとなります。

帽子は、なるべくつばの広いタイプを。
サングラスはUV加工されているもので、レンズの大きい物を選びましょう。

うっかり日焼けや、目へのダメージを防ぐためにも対策は万全に行うことが大切です。

【化粧水・目薬】
化粧水や目薬は、紫外線を浴びた後の肌や目のアフターケアをしてくれるものです。
これを怠ってしまうと、蓄積ダメージや老化の原因となってしまいます。

詳しくはこちらをご覧ください

目の紫外線対策には目薬?それともメガネやサングラスが効果的?

【トマト】
トマトに含まれるリコピンには、紫外線の吸収を抑える効果があります。

トマトは「飲む日焼け止め」と言われているくらい紫外線防止効果が高いので、是非一度試してみる価値はあると思います。

朝一番、コップ一杯のトマトジュースがお勧め!

詳しくはこちらをご覧ください。

紫外線対策の食べ物で朝トマトが良いって本当?理由と朝ダメな食べ物は?


スポンサーリンク

紫外線のアレルギー症状に注意!

紫外線についてお話してきましたが、紫外線にはアレルギーがあります。

特に目にアレルギー症状が出たとき、どうすればいいのか?

そんな悩みを解決できるようにまとめてありますので、紫外線対策と一緒にこちらもぜひご覧ください。

紫外線のアレルギー症状が目に出るとどうなる?こうなったら病院へ!

まとめ

紫外線についてから対策まで、お伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

夏本番になり、ますます紫外線によるダメージが心配になります。
特に夏の紫外線ダメージは、大きな影響を及ぼすので、紫外線対策を強化することが大切ですね。

私も様々な紫外線についての記事を書いてきましたが、以前よりも意識も高くなり、これまでの自分の甘さに後悔しています💦

「面倒だから」
「まだそんなに気にしなくても大丈夫」

とジリジリとした夏の紫外線をもろに浴び、蓄積ダメージが今になってポツポツと出ています。
( ゚Д゚)

最近は日焼けをしても赤く炎症にもならず、すぐに黒くなってしまい(*_*)どんどん吸収してしまう💦というありさまに。
Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

皆さんも、未来の肌も美しく若々しく保てるよう、紫外線対策をきちんと行うことを心がけてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!


チクログの記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等でご紹介して頂けると嬉しいです。コピーやリライトされて文章をお使いになる場合なども、引用・参考元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼り記載してください。よろしくお願いいたします^^

シェアする

フォローする

トップへ戻る