仮面ライダーエグゼイド43話「白衣のlicense」ネタバレ感想!もう一人のクロノスの正体は花家大我!?

仮面ライダーエグゼイド43話
© TOEI COMPANY, LTD.

42話、もう一人のクロノスの正体は花家大我!?

前回42話、九条貴利矢(レーザー)と檀黎斗(ゲンム)のバトルの理由は、グラファイトがゲムデウスウイルスに順応したことをヒントに、
バグスターこそがゲムデウスウイルスの抗体を作れる存在だからだった。

それにしてもいきなりゲンムの残りライフ50になってて「よわ・・・」と思ってしまった(笑)

そして、順応したゲンム。

そこから「ドクターマイティXXガシャット」が完成!!

そして、ゲムデウスを追い詰める!

が、しかし!

檀正宗がゲムデウスを倒して取り入れてしまった。

患者は治ったが、更なる脅威が目の前に!

仮面ライダークロノスがゲムデウスを取り入れるときのバグヴァイザーⅡを外した時の台詞(音声)が

「ガッチョーン」

だったのは皆さん気づきましたか?

そんな第42話の内容はこちら!

そして、エグゼイドも残すところ、最終回の45話まであと3話!

そして、ラスボスの次、「真のラスボス」ゲムデウスクロノスに挑戦できるのはライドプレイヤーのニコ!

ということは、ニコが仮面ライダークロノス!?

いや・・・実は違うんです!

それでは仮面ライダーエグゼイド第43話のあらすじをご紹介していきます!

スポンサーリンク

第43話・あらすじ

仮面ライダーエグゼイド43話
© TOEI COMPANY, LTD.

放送日は2017年8月13日(日) 朝8時スタート!

※注意! 高校野球のため放送日時がずれる可能性あり!

突如、ゲムデウスウイルスが街に蔓延し始める。倒されたゲムデウスが正宗に取り込まれたせいで、ゲムデウスのウイルスが再生したのだ。ゲムデウスクロノスという異様な姿になった正宗は再びライダーたちの前に現れ、ニコを『仮面ライダークロニクル』のゲーム世界へといざなう。ニコこそがプレイヤーとしてラスボスへの挑戦権を持つ資格者だからだ。クリア間近のプレイヤーをゲームオーバーにして、『クロニクル』をやり直そうとしているらしい。ところが、ライダーたちは『クロニクル』の世界に行くことすらできない。果たしてニコの運命はどうなってしまうのか―――!?
© TOEI COMPANY, LTD.

クロノスVSクロノス!!

仮面ライダーエグゼイド43話

43話には、もう一人クロノスが登場します。

そしてその正体はライドプレイヤーのニコ、もしくは檀黎斗と言われていたんですが・・・

違うみたいなんですよね。

その理由は・・・(持ってる武器でバレていますが)

スポンサーリンク

もう一人のクロノスは花家大我!?

仮面ライダーエグゼイド43話

「戦うのはお前じゃない、俺だ。」

この花家大我の言葉から、変身したのは花家大我でしょう!

というのも、ここまでずーっとレベル50で他のキャラとかなり差がついていましたし、なんだか活躍する場所が無かったのでさすがにそろそろ出番がないと悲しいですよね。

レベル99になると思ったら、最高レベルが仮面ライダークロノスとは。

これまた視聴者をいい意味で裏切る展開!

タイトルの「白衣のlicense」とは?

仮面ライダーエグゼイド43話
© TOEI COMPANY, LTD.

白衣は医者のことでしょう。

licenseは、「免許」ですかね。

ということは、「医者の免許」、「医者の資格」

白衣を着る資格があるかどうか?

といった解釈になりそうです。

そうなると、九条貴利矢はもう白衣を着たので思いつくのは「花家大我」。

ココでビシッと決めて、医者に復帰できるのか!?
その資格を取り戻せるのか!?

43話のタイトルは「花家大我」のこと、そしてクロノスに変身することにも繋がりそうですね!

映画で、九条貴利矢が白衣を着ていた理由とは?

見ていくと分かるのですが、映画の世界はドラマの45話より後のお話ですかね。

ですので、映画で九条貴利矢が白衣を着ていた理由は、
ゲムデウスワクチンを作るための活躍が認められたからです。

今までは、監察医でしたが、この件によって正式にCRのメンバーとして迎え入れられました。

予告動画

ストーリー

クロノスがゲムデウスを取り込んだことで人々のゲーム病が再発。正宗(貴水博之)はゲムデウスクロノスに変身。エグゼイド、ブレイブ、スナイプを圧倒すると、真のラスボスに挑戦する資格があるのはニコ(黒崎レイナ)のみ、とニコをゲームエリアへと連れ去ってしまう。

 ラスボスと戦うゲームエリアに行けるのは、挑戦権を持つニコのみ。しかし、5年前からバグスターウイルスに苦しめられてきた大我(松本享恭)は、ライダークロニクルガシャットを手にゲームエリアへ。ニコに代わってクロノスに変身してゲムデウスクロノスに立ち向かう。

 ゲムデウスクロノスに圧倒され、大我は変身を解除。ここまでか、と思ったその時、黎斗(岩永徹也)が開発したチートコードを使い、永夢(飯島寛騎)と飛彩(瀬戸利樹)がゲームエリアに現れた。

 永夢、飛彩、大我はエグゼイド、ブレイブ、スナイプに変身。チーム医療の力で、ついにゲムデウスクロノスを倒す。しかし、ゲムデウスクロノスは「真のラスボスとは一度倒され、最強の進化を遂げる」と雄叫びを上げると、貴利矢(小野塚勇人)らゲーム病患者が次々とバグスターウイルスへと変貌していく。
 運命のパンデミック…!「仮面ライダークロニクル」に終わりはないのか!?
引用:Copyright© tv asahi

最後に

残すところ、あと3話!

仮面ライダーエグゼイドが終わってしまう・・・。

ホントよかったですよね。
いい意味で色々と裏切ってくれました。

終わってほしくない・・・

けど次の仮面ライダービルドも楽しみ!

次の仮面ライダー、「仮面ライダービルド」について随時情報を追記してまとめています!
ぜひご覧ください^^
仮面ライダービルドのネタバレ感想まとめ!全てまとめてあるのでコレを見ればバッチリ!

【次回は】
仮面ライダーエグゼイド44話「最期のsmile」ネタバレ感想!ポッピーとパラドが消滅!?そしてレベル1が再登場!

●こちらの記事もよく読まれています

エグゼイドの意味・由来は究極の救助だけじゃない!隠された意味とは?

エグゼイドの敵【バグスター】を1話からすべてまとめていくコーナー!

エグゼイド台詞まとめ!ガシャット・決め台詞・必殺技台詞、全部覚えて君も仮面ライダーエグゼイドマスターだ!

「仮面ライダーエグゼイド」
関連の記事はこちら


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!


チクログの記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等でご紹介して頂けると嬉しいです。コピーやリライトされて文章をお使いになる場合なども、引用・参考元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼り記載してください。よろしくお願いいたします^^

シェアする

フォローする

トップへ戻る