しし座流星群2019を神奈川/横浜デートスポットで見る!ピーク時間と方角は?おすすめの場所で想い出を作ろう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しし座流星群
秋の夜長、愛しい彼女とどんな夜を過ごしますか?

11月半ばには、「しし座流星群」が見られます。
せっかくなので、この機会に2人で夜に天体観測デートに出かけませんか?

流れ星を彼女と探す夜なんて、とってもロマンチックですよね♪

今回は、秋の夜のデートにオススメな「しし座流星群」についてまとめてみました!

スポンサーリンク

しし座流星群とは?

星

しし座流星群は11月の半ばに毎年見られる流れ星の集まりで、しし座を放射点としていることからこの名前が付けられています。

2001年、アジア圏では1時間になんと2000個もの流れ星を観測できましたが、ここ最近は1時間に5~10個程度しか観測できていません。
それでも、「火球」と呼ばれる明るい流れ星を見られるので、とっても見応えがありますよ☆

しし座の神話

しし座
しし座の元になっているのは、ネメアという森にすんでいたライオンです。

このライオンは、森を通りかかる人たちに襲い掛かる恐ろしい人食いライオンでした。

数々の勇者たちが退治を試みたものの、誰もそのライオンを倒すことができませんでした。

そこでゼウスから使わされた英雄・ヘラクレスが、棍棒一本で森にライオン退治に向かいます。

ライオンと互角に戦うヘラクレスはその頭めがけて棍棒を振り下ろしたものの、その棍棒は真っ二つに割れてしまいます。

素手でライオンと戦うこととなった彼は、なんと3日3晩の間このライオンの首を絞め続けて、とうとう退治に成功しました。

その後、このライオンは天に昇ってしし座となったのです。

しし座流星群2019のピーク時間と方角は?

星

2019年のしし座流星群のピーク時間は、
「11月18日(月)の14時」です。

ピークの時間が昼間・月齢も21なので、今年の観測条件はあまりよくありません…。

17~18日の夜に観測に出かけましょう。

また、観測の方角は、「」です。
もし流れ星が見えづらい場合、月の明かりの影響がない方向の空を見るようにするとよいでしょう。

スポンサーリンク

神奈川/横浜で見るならこの場所!おすすめデートスポットをご紹介!

星,流星群
ここからは、神奈川県と横浜で天体観測にぴったりのデートスポットを5カ所ご紹介します♪

 

箱根駒ヶ岳ロープウェイ

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根138

箱根駒ヶ岳ロープウェイの山頂はなんと標高1356m。
視界の邪魔になるものがないので、一面に満天の星を見ることができます。

山頂の夜は冷えますので、暖かい服装でお出かけくださいね♪

 

ヤビツ峠(菜の花台)

神奈川県秦野市羽根1079-5

夜景がきれいなスポットとしてカップルに人気のヤビツ峠にある菜の花台は、星空の観測にもオススメです。
美しい街の夜景と星空のコラボレーションに、思わずうっとりしてしまいます☆

 

城ヶ島

神奈川県三浦市三崎町城ケ島

夕日の絶景ポイントとして有名は城ヶ島ですが、夜は満天の星を眺めることができます。
海の匂いを感じながら星空を眺めるのは、とってもロマンチックですよね。

ちなみに夜は公園内の駐車場が閉まっているので、近場の駐車場を利用してくださいね。

 

北八朔公園

神奈川県横浜市緑区北八朔町2071

港北パーキングエリアのすぐ裏手にあるとても広い公園です。
日中はスポーツやピクニックを楽しむ人でにぎわっていますが、夜はゆっくりと天体観測ができるスポットなんですよ。

夏の夜には、蛍の鑑賞もできるようですよ♪

 

臨港パーク

神奈川県横浜市西区みなとみらい1

みなとみらい内では一番の天体観測スポットです。
特に汐入の池あたりは暗めなので、星が見やすいです。
また海側を見るとベイブリッジなどの夜景を眺めることができて、ロマンチックな雰囲気に浸れます

流れ星を見るときの注意点

恋人
最後に、彼女と楽しく流星群観測デートをするために、気を付けておくべきことをご紹介します。

まず、11月半ばにもなると夜はとても冷えます。

特に山のほうへ天体観測に行く場合、万全の防寒対策をしていきましょう。

カイロや温かい飲み物はもちろん、あなた自身がしっかりと彼女を抱きかかえて暖めてあげてくださいね。
大きなブランケットがあれば自然と一緒に温まることもできますし、2人の心もホカホカと温まること間違いなし☆

また、天体観測スポットに出かけるときには足元が暗い道を歩く事も多いので、しっかりと彼女を支えて一緒に歩きましょう。
大事な彼女に、怪我なんてさせてはいけません!

まとめ

2019年のしし座流星群は、「11月18日(月)の14時」にピークを迎えます。

方角は「」ですが、空全体を眺めていても流れ星は見れます。

今年は月明かりの影響が大きいので条件はあまりよくありませんが、明るい流れ星を観測できる可能性もありますので、しっかりと夜空を眺めておいてくださいね。

いつもとは違うロケーションで彼女と2人っきりになれる天体観測は、距離を縮める絶好のチャンスです。
肩を寄せ合って、2人の幸せを流れ星に願いましょう♪

 

2019年、1年間の流星群についてまとめていますのでこちらもぜひご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!

スポンサーリンク



チクログの記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等でご紹介して頂けると嬉しいです。コピーやリライトされて文章をお使いになる場合なども、引用・参考元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼り記載してください。よろしくお願いいたします^^
流星群
チクログをフォローする
チクログ

コメント