しぶんぎ座流星群2019を東京/都内デートスポットで見る!ピーク時間と方角は?おすすめの場所で想い出を作ろう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群2019を東京/都内デートスポットで見る!ピーク時間と方角は?おすすめの場所で想い出を作ろう!

大切な人とのデートに、「流星群を見に行く」というのはロマンチックですよね。

壮大な夜空の下、二人で見る降り注ぐ流れ星…。
忘れられない経験になること間違いなしです!

 

あなたは、空気が澄んで星が見えやすいこの時期に夜空を流れる
「しぶんぎ座流星群」をご存知でしょうか?

これは、新年早々に毎年見られる流星群なんですよ。

来たる流れ星デートの前に、「しぶんぎ座流星群」や、「しぶんぎ座」のことを知って、大切な方をリードしてあげましょう。

しぶんぎ座流星群とは?

星,流星群

しぶんぎ座流星群とは、毎年1月1日~7日あたりに出現する流れ星の群れことです。

 

ふたご座流星群・ペルセウス座流星群と合わせて「3大流星群」とも呼ばれる流星群ですが、この2つと比べるとあまり知られていません。

 

実はこの「しぶんぎ流星群」は、当たり外れのある流星群とされています。

理由は、流れ星がたくさん流れる時間が数時間と短く、観測時間が昼間に当たると見ることが難しくなってしまうからなんです。

 

次からは、「しぶんぎ座とは何か」を見ていきましょう♪

 

しぶんぎ座の神話はあるのか?

星,流星群

「しぶんぎ」なんて、聞きなれない言葉ですよね?
漢字では「四分儀」と書き、これは天体観測に使われていた道具の事なんです。

しぶんぎ座は18世紀末に誕生した星座で、フランス人の天文学者ジェローム・ラランドが名づけ親です。

しかし、じぶんぎ座自体は現在存在しません。

1930年頃に星座の数を88個と制定したとき、この星座は姿を消してしまったんです。
ですので、この星座自体の神話も存在していません。

 

それゆえ「幻の星座」と言われています。

スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群2019のピーク時間と方角は?

星,流星群

2019年のしぶんぎ座流星群の見頃は、

「1月4日の0時~夜明け」です。

 

ピーク時間は、

「1月4日11時」なのでズレていますが、深夜に夜空を見上げれば観測できるでしょう。

 

また、方角は「東」が良いでしょう。

月が明るいと流れ星が見づらくなってしまうので、月が出ていない方角を観察したほうが良いんですよ。

 

東京/都内で見るならこの場所!おすすめデートスポットをご紹介!

しぶんぎ流星群を見るとき、街中での観測はおすすめしません。

なぜならば、星の光は人工の光より弱く、はっきりと見えづらいことが考えられるからです。

明かりが少なく天体観測がしやすい、東京/都内のオススメ観測デートスポットをご紹介しましょう♪

 

東京23区

まず東京23区のおすすめスポットをご紹介します。

 

・石神井公園

〒177-0045 東京都練馬区石神井台1-26-1

都心にありながら自然が感じられる公園で外灯の数も少ないので、流星群観測にピッタリのスポットです。
東京駅から最寄りの石神井公園駅までは、30~40分程度で行けるアクセスの良さも魅力です♪

 

・夢の島公園

〒136-0081 東京都江東区夢の島2-1

日中はにぎやかな夢の島公園も、夜になると街の灯りもひっそりとし、流星群観測にピッタリのスポットなんですよ。

東京駅から最寄りの新木場駅までは20分程度で着くので、こちらもアクセス抜群です。

 

・砧公園

〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1-1

桜のスポットとして有名な公園ですが、実は天体観測の人気スポットでもあります。

東京駅からは最寄りの用賀駅まで30分程度と、アクセスが便利です。
住宅地の近くの公園なので、ひっそりとした雰囲気の中で流星群観察を楽しめます。

 

・三日月山展望台

〒100-2101東京都小笠原村父島字西町

夕日の絶景スポットとして有名な、父島の西側にある展望台です。

自然豊かな環境の中で眺める流れ星は、素敵な思い出になること間違いなしです☆

東京都内

次に、東京都内のおすすめスポットです。

 

・武蔵野の森公園

〒183-0003 東京都府中市朝日町3-5-12

東京駅からは電車で1時間程度と少し距離があるため、天体観測の隠れスポットとなっている公園です。
周りに比較的高い建物が少なく、また夜は灯りもあまりないので、流れ星を観察しやすいですよ♪

スポンサーリンク

流れ星を見るときの注意点

星,流星群

さて、流れ星を観測するうえでの注意点をご紹介します。

 

①暗い場所で観測する

外灯が少なく、月明かりの影響もない空だと、流れ星を肉眼で見やすいです。
都会で観測する場合も、なるべく灯りの少ない場所を選びましょう。

②視界が広い場所で観測する

流星群は、空全体に流れます。
高い建物など視界を遮るものがなく広く夜空を見られる場所だと、流星群をはっきり見られる確率は上がりますよ。

③防寒対策は万全に

1月の夜は冷え込みます。
長時間地面に座り込んだり寝転んだりして天体観測をしていると、体は芯から冷えてしまいます。

暖かいジャケットを着ることはもちろん、体が冷えやすい彼女のためにカイロも持っていきましょう。

さらに魔法瓶に暖かいお茶を入れていったり、二人でくるまれる大きめのマフラーやブランケットを持って行ったりすれば「気が利く彼氏」と彼女があなたのことを改めて惚れ直すかも…?!

 

まとめ

しぶんぎ座流星群は、1月1日~7日あたりに見られる流星群です。
2019年の見頃は1月4日0時頃方角はとなっています。

都内でも、街明かりが少なく星が見えやすいスポットがあります。
流星観測デートをするときは、しっかりと暖かい格好をして出かけてください☆

1月の夜は冷えますから、ひとつの大きなブランケットを彼女とシェアして身も心も暖めつつ、流れ星デートを楽しんでくださいね☆

ロマンチックなムードの時に星を眺めながら手を繋いだり、後ろからギュッとされたらドキドキしちゃいます。
ですので、ぜひ、この記事を参考にタイミングを掴んでください☆彡

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

2019年、1年間の流星群についてまとめていますのでこちらもぜひご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!

スポンサーリンク



チクログの記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等でご紹介して頂けると嬉しいです。コピーやリライトされて文章をお使いになる場合なども、引用・参考元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼り記載してください。よろしくお願いいたします^^
流星群
チクログをフォローする
チクログ

コメント