しぶんぎ座流星群2019を長野デートスポットで見る!ピーク時間と方角は?おすすめの場所で想い出を作ろう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群2019を長野デートスポットで見る!ピーク時間と方角は?おすすめの場所で想い出を作ろう!

冬の夜空は、空気が澄んでいます。
だから星を見るには絶好の季節だっていうこと、ご存知でしたか?

たまには彼女をふたりで、星空を見上げる夜…なんてのも素敵ですよね!

実は、年が明けるとすぐに、「しぶんぎ座流星群」が見られるんです。

一年の始まりに、彼女と一緒に流れ星に願い事を託してみませんか?

 

今回は、長野県で流星群を観測できるおすすめスポットをご紹介します♪

しぶんぎ座流星群とは?

星,流星群

しぶんぎ座流星群は、毎年1月1日から7日あたりに現れるたくさんの流星の集まりです。
見頃は3日から4日で、新年一番最初に見られる流星群なんですよ。

しぶんぎ座流星群は、観測時間が数時間と比較的短い時間に現れる流星群です。

ペルセウス座流星群・ふたご座流星群とあわせて「三大流星群」と呼ばれますが、この2つと比べるとあまり知られていません。

これは、この流星群は観測時間が昼間になってしまうと見ることが難しくなるということが原因となっているんですよ。

 

しぶんぎ座の神話

星,流星群

人,キャラ,男
しぶんぎ座なんて聞いたことない…!

と思われる方も多いんじゃないでしょうか?

実はしぶんぎ座は、今はない星座なんですよ。

 

しぶんぎとは、漢字で「四分儀」と書きます。
これは天体の高さを測るために使われていた天体観測道具のことです。

この星座に名前を付けたのは、18世紀の終わりにフランスの天文学者ジェローム・ラランドという人物です。

1930年頃に星座の数は全部で88個と制定され、そのときにこのしぶんぎ座は星座リストから消されてしまいました。

歴史の短い星座なので、神話も存在しないんですよ。

スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群2019のピーク時間と方角は?

星,流星群

しぶんぎ座流星群の2019年の見頃は、「1月4日の0時~夜明け」までです。
また、ピーク時間は「1月4日の11時」です。

忘れないように、しっかりスケジュール帳に書いておきましょうね♪

また、流星群を見るときは「東」の方角を観測することをオススメします。

月が出ている空は明るく、流れ星が見えづらいものです。
なるべく暗い方向の空を観測しましょうね。

 

長野で見るならこの場所!おすすめデートスポットをご紹介!

星,流星群

ここからは、長野県でしぶんぎ座流星群が見られるデートスポットを5ヶ所ご紹介しましょう!

 

・高峰高原ホテル

〒384-0041 長野県 小諸市高峰高原704

標高2000メートルの上信越高原国立公園内にあるホテルです。
こちらは「綺麗な星空が見られるホテル」として有名です。

高峰高原ホテルに泊まって、ふたりっきりでゆっくり流れ星を愛でる夜…なんてロマンチックですよね♪

東京からの場合、バスタ新宿から高峰高原ホテルまでの直通便があるのでラクラク来れますよ。

 

・野辺山高原

〒 384-1305 長野県南佐久郡南牧村

野辺山高原は標高1350メートルのところにあり空気が澄んでいるので、肉眼でも美しい星たちを見ることができます。
日本三選星名所のひとつにも選ばれた、星観察の聖地ともいえる場所なんですよ。

最寄駅は、日本一標高が高いところにあるといわれている野辺山駅です。

 

・八ヶ岳ふれあい公園

〒384-1304 長野県南佐久郡南牧村板橋

TVでも紹介された、有名な星が見られるスポットです。

この公園には大きな池があるので、落っこちないように夜は注意して歩いてください。
もちろんしっかり彼女をエスコートしてあげてくださいね。

最寄駅は野辺山駅で、そこから徒歩で40分強程度かかります。
駐車場もありますよ。

・大正池

〒390-1516 長野県松本市安曇上高地

大正時代にできたことが名前の由来の大正池は、上高地を代表する美しい自然のひとつです。
まるでプラネタリウムのような満点の星空を見ることができる場所で、もちろん流星群観測にももってこいのスポットです。

近くに上高地大正池ホテルがあるので、一泊してゆっくり星空を眺めるのもいいですよね。

最寄りには、大正池というバス停があります。

 

・阿智村

〒 395-0300 長野県下伊那郡阿智村

6600人ほどの村民が住む、小さな村です。
実はこの阿智村、平成18年度の「星が最も輝いて見える場所」で第1位となっている場所なんです。

さらに最近では、「星空ナイトツアー」が大ブームとなっている、天体好きにはたまらないスポットなんですよ。

車で東京からは3時間半、名古屋市からは1時間半程度で到着します。

 

スポンサーリンク

流れ星を見るときの注意点

星,流星群

流れ星を見るときには、気をつけておきたいことがあります。

 

①なるべく暗いところで観測する

外灯や月の灯りがあるところでは、流れ星がはっきり見えづらくなります。
できるだけ暗い場所で、夜空を眺めましょう。
夜、公園内などの移動するときは、彼女が怪我をしないようにしっかり腕を組んで歩きましょう♪

②障害物がないところで観測する

周りに高い建物があったりして視界が遮断されると、流れ星が見える確率が下がってしまいます。
遮るものがない広い空間で、流れ星を観測しましょう。

地面に寝っ転がって見ることがオススメです。
彼女の服が汚れないように、ビニールシートはお忘れなく!

③寒さ対策はしっかりとする

1月の夜は冷えます。
ましてや標高の高い長野の山々はとっても寒いです。

カイロや温かい飲み物など、防寒対策はしっかりとしてくださいね。
彼女が冷えないように大きなブランケットで後ろからしっかり抱きかかえてあげると、さらにムード満点ですよ。

 

まとめ

しぶんぎ座流星群は、1月1日~7日あたりに見られる流星群です。
2019年の見頃は1月4日0時頃方角はとなっています。

標高が高く空気が綺麗な長野県には、有名な天体観測スポットがいくつもあります。

1月の初めに見られるしぶんぎ座流星群、ちょっと遠出してでも今回ご紹介したスポットで観測することをオススメします。

普段見る夜空とは全く違う、流れ星が流れるロマンあふれる夜空は、忘れられない思い出になりますよ。

 

2019年、1年間の流星群についてまとめていますのでこちらもぜひご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!

スポンサーリンク



チクログの記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等でご紹介して頂けると嬉しいです。コピーやリライトされて文章をお使いになる場合なども、引用・参考元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼り記載してください。よろしくお願いいたします^^
流星群
チクログをフォローする
チクログ

コメント