紫外線の肌荒れでぶつぶつになる原因は?対策は何をすればいい?

女性,肌

皆さんは紫外線をたくさん浴びた後、どのような症状に悩まされますか?

紫外線を浴びた後に出る症状といえば、炎症・肌荒れを伴い、肌が黒くなる。などですが、
日焼けをした場所に「ぶつぶつができた・・!!( ゚Д゚)」なんて経験はありませんか?

このように、肌が黒くなったりするのではなく、湿疹のような症状に悩まされる方も少なくはないのです。

突然、肌に「ぶつぶつ」ができたら、驚きとショック💦でせっかくの夏も楽しめませんよね。

今回は、女性の大切な肌を紫外線ダメージから守るため、

  • なぜ紫外線が原因で「ぶつぶつ」ができるのか?
  • その他にも、「ぶつぶつ」ができる原因は何かあるのか?
  • さらに、ぶつぶつを防ぐ対策
  • もし「ぶつぶつ」ができでしまったら・・・。

自分でできるアフターケアなどをご紹介します。

スポンサーリンク

紫外線でぶつぶつ肌荒れになったけどその原因は?

紫外線,夏,太陽,晴れ

紫外線を浴びると、普通は日焼けして黒くなったり、赤くなったりします。
ですが、まれに「ぶつぶつ」などの肌荒れが起こることがあるのです。

その原因は、紫外線によるアレルギー反応かもしれません。
分かりやすくは、花粉症と同じです。

色白の方や肌が弱い方に多く見られる症状ですが、

「今までこんな事なかったのに・・・」

と、ある日突然発症することもあります。

紫外線をたくさん浴び一定の量を超えてしまうと、肌はそれに耐えられなくなり、紫外線アレルギーが発症されるのです。
また、遺伝などの先天的な原因も考えられます。

日焼けも嫌だけど、「ぶつぶつ」はもっと嫌!!

女性にとっては、大問題ですよね((+_+))

「ぶつぶつ」が酷くなったり、痒みを伴うこともあるので要注意です!!

他に可能性のある原因は?

「ぶつぶつ」肌荒れは紫外線だけではなく、この時期特有の原因があるのです。

詳しくご紹介します!

シャンプーによる肌荒れ

夏は暑いから、「少しでも涼しくしたい!」とシャンプーなどを、ヒンヤリとしたクールタイプのものを選びがちですよね。

クールタイプのものには、保湿効果が期待できません。
よって、乾燥が刺激になってしまい「ぶつぶつ」肌荒れになってしまうことがあるのです。

汗疹による湿疹

汗をかく季節に起きやすいのが汗疹です。

汗をかきやすい方など、築けば「ぶつぶつ」が出来てしまうことがあります。
また自分の汗が刺激となり、コリン性蕁麻疹を引き起こしている可能性も考えられるようです。

古い角質による「ぶつぶつ」

暑い季節は皮脂の分泌も過剰になり、古い角質が毛穴に詰まりやすくなります。
年齢を重ねると共に角質が溜まりやすく、「ぶつぶつ」が出来やすい方が多くなるのです。

虫刺されによる肌荒れ

夏は虫が活発になる季節です。

紫外線により肌のバリア機能が低下していると、虫刺されや触れるだけでも肌荒れが起きることがあります。

スポンサーリンク

対策はどうすればいいのか?

海

紫外線アレルギーによる「ぶつぶつ」肌荒れには、紫外線対策が必須になります。

紫外線対策に、日焼け止めを使われると思いますが、ここでも注意が必要です。

日焼け止めには、紫外線吸収剤が使われているものと、紫外線散乱剤が使われているものがあります。

【紫外線吸収剤】とは?

紫外線吸収剤は紫外線を一旦吸収し、その紫外線をエネルギーに変えて日焼けを防止しています。

一旦熱を吸収するので、火傷の症状や肌に「ぶつぶつ」が出来ることがあるのです。

【紫外線散乱剤】とは?

紫外線散乱剤は、紫外線を散乱させ跳ね返す効果があり、肌に負担をかけず日焼けを防止します。

よって、紫外線による「ぶつぶつ」肌あれが気になる方は、【紫外線散乱剤】の入った日焼け止めを使うことをお勧めします。

その他にも対策として・・・

  • 帽子を被る
  • サングラスをかける
  • 肌に合ったシャンプーを使う
  • 汗をこまめにふき取る
  • 洗顔をきちんと行う
  • 虫除け対策を徹底する

さらに、全ての「ぶつぶつ」肌荒れに共通する対策として、肌の保湿を念入りに行うことをお勧めします。

紫外線をたくさん浴びた肌は、肌のバリア機能が低下し、外からの刺激を受けやすくなっています。
他にも肌トラブルを起こさないためには、保湿を行いアフターケアできちんと水分を補うことが大切です!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

紫外線アレルギーに関しては、突然発症してしまうというのが恐ろしいところですよね(*_*)
一度、紫外線アレルギーを発症してしまうと、完治するのが難しいとも言われています。

そんなことになっては、せっかくの夏が台無しに💦

そうならない為にも、やはり日頃から紫外線対策をきちんと行うことが、一番の予防と対策になるのです。

私の母も実は紫外線アレルギーです。

子供を出産してから、体質が変わったのか突然海水浴中に発症してしまったそう。
それからは、紫外線対策を万全にし、海ではもっぱらテントの中。という感じになってしまいました(>_<)

そんな感じでしたので、母とは海水浴を楽しんだ思い出があまりなく、子供ながらに寂しいと感じていたことを覚えています。
なにより、発症しないことが一番です!!

皆さんもいつどこで、「ぶつぶつ」肌荒れに悩まされるかわかりません。

そうなる前にきちんと対策を行い、楽しい夏を過ごせるよう紫外線と自分の肌に向き合いましょう!!


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!


チクログの記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等でご紹介して頂けると嬉しいです。コピーやリライトされて文章をお使いになる場合なども、引用・参考元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼り記載してください。よろしくお願いいたします^^

シェアする

フォローする

トップへ戻る