秋の七草とは?歴史や万葉集の意味を調べてみたら面白いことがわかった!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

春の七草と比べて、秋の七草はちょっとマイナーな印象がありますよね。

 

春の七草は「七草粥」にして食べるので、スーパーで見たことがある人も多いでしょう。
でも、秋の七草は食べるものではないんですよ。

 

この秋の七草、どんなものがあるんでしょうか?

また、由来ってどこから来ているんでしょうか?

 

実はけっこう歴史が深くって、興味深いんですよ。

ということで、今回は、秋の七草について調べてみました!

スポンサーリンク

秋の七草の読み方は?

秋の七草

「秋の七草」は、「あきのななくさ」と読みます。

 

そして、この秋の七草、以下の7つの植物で構成されています。

  1. 萩(はぎ)
  2. 薄(すすき)
  3. 葛(くず)
  4. 撫子(なでしこ)
  5. 女郎花(おみなえし)
  6. 藤袴(ふじばかま)
  7. 桔梗(ききょう)

あなたは秋の七草、いくつ知っていましたか?

 

この秋の七草ともうひとつ、「新・秋の七草」というのもあるんですよ。

これは、1935年に与謝野晶子や高浜虚子など当時の小説家や詩人計7名によって選出された、新しい七草なんです。

 

以下の7種類の植物が、新・秋の七草です。

 

  1. 犬蓼(いぬたで)
  2. 白粉花(おしろいばな)
  3. 菊(きく)
  4. 秋桜(こすもす)
  5. 秋海棠(しゅうかいどう)
  6. 葉鶏頭(はげいとう)
  7. 彼岸花(ひがんばな)

 

さて、あなたはどちらの秋の七草がお好みでしょうか?
どちらも素敵ですよね!

秋の七草とは?由来や歴史

秋の七草

秋の七草の由来は、なんと日本最古の歌集・万葉集にまでさかのぼります。

 

万葉集が作られたのは、奈良時代といわれています。
そんな時代からずっと、秋の七草は日本人に愛されてきたものだったんですね。

 

ところで秋の七草があまり知られていないのは、春の七草と違って食用ではないというところではないでしょうか。

この秋の七草は、とっても日本人らしい楽しみ方をするものなんですよ。

 

春の七草1月7日七草粥にして食べるという風習があります。

一方この秋の七草については、決められた日に特別に何かをするということはありません

 

ただこれらを目で楽しんで、秋の風情を感じていたようです。

 

昔から風流なものを大切にした、自然の美を愛する日本人の心がよく表れていると思いませんか?

それでは、次にその万葉集に書かれた歌の内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

万葉集に書かれた秋の七草の意味は?

秋,すすき

さきほど触れたように、秋の七草は万葉集に詠まれた歌が由来となっています。

 

これは2首の歌で、山上憶良(やまのうえのおくら)という人が詠んでいます。

その秋の七草を詠んだ歌は以下のとおりです。

 

「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」
「萩(はぎ)の花 尾花(おばな) 葛(くず)の花 撫子(なでしこ)の花 女郎花(おみなえし) また藤袴(ふじばかま) 朝貌(あさがお)の花」

 

ちょっと聞きなれない植物の名前もありますね。

 

「尾花」というのは、「すすき」のことです。

そして、「朝貌」…。

「あれ、朝貌ってアサガオのことじゃないの?」

…と思った方もいるでしょう。

 

実は、この万葉集が作られた当時には、アサガオは日本にはまだなかったんです。
ですので、この朝貌とは桔梗であったというのが、現在の通説なんですよ。

 

これらの七草、実はそれぞれ薬草としても使われていました。

 

  • 萩の根:咳止め・下痢止め薄の根や茎:利尿作用
  • 葛の根:神経痛・肩こり・葛根湯としても有名
  • 撫子:利尿作用・生理不順
  • 女郎花の根:消炎作用
  • 藤袴:糖尿病・むくみ
  • 桔梗の根:喉の痛み・血圧降下作用

 

秋の訪れを感じるためだけではなかった、実用的な面もある秋の七草。

もしかしたら、これは秋の薬草の覚え方の歌でもあったんじゃないかな…なんて個人的には思ってしまいます。

まとめ

秋の七草は、鑑賞して秋の訪れを感じるものです。

 

歴史は古く奈良時代から親しまれている秋の七草の他にも、近代に作られた「新・秋の七草」というものもあります。

忙しい現代社会では、風流を楽しむ機会も減ってきていますが、たまには自然に目を向けてリラックスしてみませんか?

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!

スポンサーリンク



チクログの記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等でご紹介して頂けると嬉しいです。コピーやリライトされて文章をお使いになる場合なども、引用・参考元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼り記載してください。よろしくお願いいたします^^
秋の七草/春の七草
チクログをフォローする
チクログ

コメント