【花言葉】ひまわりの意味は笑顔?由来が怖いとなぜ言われているのか本当の理由を調べてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ひまわりって、見ているだけで笑顔になれちゃうような、明るい花ですよね!!

黄色い大きな花は、まさに夏にぴったり♪

そんなひまわりには、いくつかの花言葉があるんです。

「笑顔」・「あこがれ」・「情熱」・「熱愛」…

でも、その他にも、ちょっと怖い花言葉もあるんです…。
さらに、一見普通の花言葉でも、由来が怖い花言葉もあるんですよ…。

一体どんな花言葉なんでしょうか?

今回は、太陽のように明るいひまわりの、影に隠れた花言葉についてご紹介します…!!

スポンサーリンク

ひまわりの花言葉は笑顔?由来が怖いとなぜ言われているのか?

ひまわり

ひまわりの花言葉は、この花を象徴するような明るいものがいくつもありますが、実は、こんな花言葉もあるんです。

「偽金貨」・「偽りの富」

なんだかこの花には結びつかないような、なんだか嫌な響きの花言葉ですね。

実は、これは古代インカ帝国があった頃に、話はさかのぼるんです…。

「偽金貨」・「偽りの富」と言われるようになったお話

昔、南米にあったインカ帝国は、太陽を信仰していました。

その太陽に似ているひまわりは、巫女の黄金の装飾品のデザインにも使われていたほど、当時とても神聖視されていた花でした。

そんな中、インカ帝国は、スペインに侵略されてしまいます。

スペインはインカ帝国が持っていた大量の金に目がくらんで、たくさんの黄金の装飾品を奪い、そしてこの国も滅びてしまいました。

インカ帝国の人々はそれをとても悲しみ、また怒ります。

「この黄金が、私たちの国を滅ぼした…!!」

それを示すように、装飾品のモチーフに使われていたひまわりに「偽の金貨」や「偽りの富」という花言葉をつけた…というのが、いわれとなっているそうです。

花言葉「あなただけを見つめる」の怖い由来

そして、もう1つ。

ひまわりの花言葉には、「あなただけを見つめる」という花言葉もあります。

とってもロマンティックな言葉ですよね?
でも、これはちょっと怖い由来を持つ花言葉だったんです…。

この由来は、ギリシャ神話です。

水のニンフ(妖精)・クリュティエは、ある日、太陽神アポロンに一目惚れをします。
でも、そのアポロン、あろうことか彼女のお姉さんである女神・カイアラピのことが好きだったんです。

クリュティエの思いは、アポロンには届きません。

それでも一途なクリュティエは、9日間ものあいだ、ひたすらアポロンを見つめ続けます。
何も食べず…ただ大地の上で…太陽神に顔を向け続けて…。

そのうちにクリュティエは、一輪の花になってしまいました。

何の花かわかりますよね?

…そう、ひまわりです…今でもひまわりは、「アポロン=太陽」を追い続けていますよね。

この話、別のパターンも伝わっています。

最初は、クリュティエはアポロンと恋人同士でした。
しかし彼は、クリュティエに飽きてしまい、彼女の元を去ってしまいます。

そのあとは最初の伝説と同じで、9日間アポロンをひたすら見つめ続けたクリュティエは、最終的にひまわりになってしまいます。

どうでしょう?
この執念を怖いと思う人もいれば、悲しいと思う人もあるかもしれません。

私はとっても切ないと感じました…。

スポンサーリンク

ひまわりの開花時期は?

ひまわり

さて、夏の代表的な花・ひまわりですが、具体的な開花時期はいつかご存知ですか?

一般的には7~8月が見ごろですが、実は地域によって差があるんですよ。

例えば、北海道の道北では、10月のはじめまでひまわりが咲いている地域があります。

そして、沖縄では冬にひまわりが咲く地域があるんです。
中頭郡北中城村では、毎年1月の終わり周辺に、ひまわりのお祭りがあるんですよ。

ちなみに、2018年は3月10日~11日に開催されていました。
(2018年は気温の差が大きかったため、ひまわりの開花が遅れたので、例年よりも遅めの開催だったそうです。)

どうして、こんなにひまわりの開花時期が違うんでしょうか?

ひまわりが発芽するには、25度くらいが適温と言われています。

寒い地方だと種まきは遅くなり、暖かい地方だと逆に種まきが早くなります。

そういった理由で、ひまわりの開花時期にズレがあるんですね!

まとめ

ひまわりはいろいろな花言葉があります。

その中にはちょっと怖い言葉・由来が怖い言葉もあります。

それでも、まるでお日様のように明るく輝くひまわり。

意外に育てやすい花でもありますので、ガーデニングがお好きな方は、植えてみてもいいですよね。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!

スポンサーリンク



チクログの記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等でご紹介して頂けると嬉しいです。コピーやリライトされて文章をお使いになる場合なども、引用・参考元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼り記載してください。よろしくお願いいたします^^
花言葉
チクログをフォローする
チクログ

コメント