マナーとは何か?意味・意義を知ることの重要性とは?知らなきゃヤバいぞ、マナーの真髄!

スポンサーリンク

「社会人なんだから、マナーをわきまえた行動をしなさい!」

…なんて、社会人になりたての頃ってよく聞きますよね。

でも、「マナー」ってなんなのか、実はよくわかっていない…。

そんな人も多いんじゃないでしょうか?

今さら、

「マナーって何ですか?」

なんて聞き返すこともできませんよね?

今回は、この記事で「マナー」とは何かを、こっそり勉強しておきましょう!!

スポンサーリンク

マナーとは何か?

マナー

マナーとは、「他人への思いやりの心」です。

1人孤島で暮らしている場合、マナーは必要ありません。
なぜなら、自分のことだけを考えて生きていけばいいからです。

でもそんな境遇の人、滅多にいませんよね?

私たちは毎日多くの人と関わって生活をしています。

意識はしていなくても、お互いに助け合っているから、この生活は成り立っているんです。

そんな、この社会を一緒に築いている仲間のために、マナーは存在しています。

マナーの意味とは?

マナー

それでは、具体的なマナーの意味を見ていきましょう。

マナーとは、英語の”manners”が元となっている外来語です。

日本語に直せば、「礼儀」「行儀」

マナーとは、強い拘束力はないものの、社会生活の中で守った方がいいとされる基準のような存在です。

マナーと似た言葉に、「ルール」という言葉がありますね。
こちらは「私たちが守らなければならない決まり」で、例えば法律なんかは国の決めたルールともいえます。

マナーはルールほどの強制力をもつ約束事ではありません。

「絶対的な決まりではないけれど、従っておいた方がいい決まり」

つまり、ちょっとゆるい条件のルールといったものが、マナーとも言えます。

スポンサーリンク

マナーの意義は?

マナー

他人と接するときに、「私はこうしたいから」といって、好き勝手に行動してしまうことはいいことではないですよね。

私たちがお互いに気持ちよく暮らしていくために、マナーは存在しています。

例えば、マナー違反とされる行為に、最近問題になっている「歩きスマホ」というものがあります。

●もしあなたが歩きながらスマホのゲームに熱中していて、誰かとぶつかったらどうしますか?

●もし相手の打ちどころが悪くて、障害が残ってしまう怪我を追わせてしまったら?

●あなた自身が怪我をしてしまって、生活に支障をきたしてしまったら?

金銭的負担・精神的負担・肉体的負担など、様々な損害をお互いに被ることになるかもしれません。

また、そんな事態に陥らないにしても、例えばタバコ嫌いの人の前でタバコを吸えば、その人に不快な思いを与えてしまいます。

そうなると、その人との人間関係もうまくいかなくなるかもしれません。

マナーを守る意義は、他人に不快感を与えないこと、そして自分自身も気持ちよく過ごすためにあるんですよ。

マナーを知ることであなたはどうなる?

マナー
マナーを知ると、私たちは思いやりをもって行動することができます。

繰り返しになりますが、マナーというものは、ほかの人のことを思いやって行う「行為」のことです。

また、社会に出れば、「ビジネスマナー」というものを必要とされます。

これは一人の社会人として、他人と関わりながら仕事をしていく上で押さえておくべきものです。
これができていないと、どんなに仕事が出来たとしても周りに信頼を得られません。

「マナーがなっている・なっていない」

という表現がありますが、社会人になると、マナーを知っているかどうかはその人を判断する「ものさし」にもなりえます。

ビジネスマナーの基本として、「上司や取引先の人には敬語を使うこと」があります。

もしあなたが上司に向かって、タメ口を使っていたら…?
これは、「人を尊重する」「目上を敬う」ということを理解していないと捉えられてしまいます。

「いつまでも学生気分でいるんじゃない!」

なんて言われることもあるでしょう。

「マナーを知る」ということは、「精神的に大人になる」ということでもあるんですよ。

まとめ

マナーとは、みんなが気持ちよく過ごすために気をつけたい行動のことです。

「マナーを守る」ということは、他人を思いやることができ、人として成熟しているという意味にもなります。

マナーとは、難しいものではありません。

「自分がされたら嫌なこと」「自分が見て不快に思うこと」をしなければいいのです。

そして、「自分がされて嬉しいこと」をすればいいのです。

とはいっても社会に出てすぐは、マナー違反も多くしてしまうことでしょう。

でも、マニュアル本で勉強するよりも、実際に間違いをたくさんした中で、人はより成長できるんです。
そうした中で、人を思いやる心を養ってくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!

スポンサーリンク



チクログの記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等でご紹介して頂けると嬉しいです。コピーやリライトされて文章をお使いになる場合なども、引用・参考元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼り記載してください。よろしくお願いいたします^^

シェアする

フォローする

トップへ戻る