仮面ライダークローズの正体は万丈龍我?PR動画にヒントが隠されていた!?【仮面ライダービルド】

仮面ライダービルドに登場する2号ライダー、「仮面ライダークローズ」は一体誰なんでしょうか?

その正体は?

味方と思われる仮面ライダークローズ、誰だか気になりますよね!

実は・・・

核心に迫る「ヒント」が実はPR動画に隠されていました!

ということで、その部分から仮面ライダークローズの正体を暴いていこうと思います!

スポンサーリンク

仮面ライダークローズの正体とは?

それは、ズバリ!

万丈龍我(ばんじょうりゅうが)でしょう!

何故か?

その理由をお話ししていきます!

仮面ライダークローズとは?

仮面ライダービルド,仮面ライダークローズ

仮面ライダークローズは右目にがかかっています。

南京錠(なんきんじょう)ですね。
何ともわかりやすいw

左肩には鍵の刺さった鍵があります。

そして、この鍵をオープンしてパワーアップ変身した姿、

ドラゴンフルボトルを使った「クローズドラゴン」に変身します!

仮面ライダービルド,仮面ライダークローズ

っと思っていのですが、最初の画像は仮面ライダービルドで、次の画像が仮面ライダークローズとのことです。

コメント下さったふにゃふにゃさんありがとうございます!^^

仮面ライダークローズの「クローズ」意味は?

クローズは英語で「close」

意味は「閉じる」「閉める」です。

そして、この閉じていること、と「鍵」がヒントです!

万丈龍我が仮面ライダークローズの理由とは?

仮面ライダービルド,主演,キャスト

噂になっているのは万丈龍我。

この正体のヒントになっているのが、PR動画でした。

詳しくはこちらもご覧ください。
仮面ライダービルド1話のネタバレ感想!

動画を見て、ピンっ!と来たかともいるかもしれません。

  • 名前に仮面ライダークローズの特徴である「」があること。
  • そして「」になっていること。

PR動画にはしっかりヒントが組み込まれているんですね。

桐生戦兎(きりゅうせんと)の「解けない謎」。

この「解」というのは鍵を開けるときに使う「開錠」に含まれる「解錠」にも使われている漢字です。

『解錠』は破壊することなく開くこと」ですので、だんだんに記憶を解いていくということでしょう。
その繋がりとして万丈龍我の存在があります。

  • 戦兎の記憶のを握る人物
  • 戦兎の記憶のとなる龍我。

この『鍵』というキーワードを使っている時点で高確率で仮面ライダークローズの可能性があります。

記憶が解明されるたびに、龍我にまつわる新しい謎が生まれる・・・

という部分に関しては展開を見ないとわかりませんが、記憶の「鍵」となるということで後に仮面ライダークローズに変身する可能性が高いです。

背中を任せている事から味方だと推測!

仮面ライダービルド,仮面ライダークローズ
© TOEI COMPANY

公開されていた画像では仮面ライダービルドが背中を任せています!

ということで、いろんな点が万丈龍我と一致することから、

仮面ライダークローズの正体は「万丈龍我」と言えるでしょう。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!


チクログの記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等でご紹介して頂けると嬉しいです。コピーやリライトされて文章をお使いになる場合なども、引用・参考元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼り記載してください。よろしくお願いいたします^^

シェアする

フォローする

コメント

  1. ふにゃふにゃ より:

    鍵のやつはビルドのキードラゴンの画像なのでクローズのプロトとかではないのでは?ただ左目は確かにクローズと一緒なのでアイテムを奪われるor貸す。もともと龍我が一個持ってて、戦兎が渡して両目になるとか?でもそれではキードラゴンはベストマッチではないのでしょうか?もしかしたら、ドラゴン系お決まりの扱いにくいフルボトルで、ビルドはキーフルボトルで抑えて使えていたけど、クローズは二つも使え、かつ制御できる的な奴かもしれませんね。ただの個人の考察ですが、参考までに…

    • チクログ より:

      >ふにゃふにゃさん
      コメントありがとうございます!

      最初の画像ってビルドなんですか?
      てっきりクローズだと思っていたんですが違うんですね・・・。
      教えていただきありがとうございます!

      なるほど、万丈龍我は格闘家ということもあり扱いにくいドラゴンフルボトルを制御した・・・
      という可能性はありますね!

トップへ戻る