目が痛い?紫外線が目に与える影響とは?

だんだんと紫外線が強い夏に近づいてきましたが、
皆さんは強い紫外線を長時間浴びて、

目が痛い

ふと気が付くと、なんだか最近目が痛む。

なんて経験はありませんか?

目が痛むなどの症状は出ているが、あまり原因を追究せずに、ただの疲れ目で放置してしまう方も多いかと思います。

実は、その痛みの原因は『強い紫外線』と考えられます!

肌だけではなく、にも悪影響のある紫外線。
知らないうちに紫外線ダメージが蓄積され、目の老化や眼病を促進してしまうのが特徴です。

そうなる前に、紫外線が目に与える影響などを把握し、快適に楽しい夏を過ごしましょう!!

今回は、紫外線が目に与える「影響・症状・原因」などをご紹介します。

スポンサーリンク

紫外線で目が痛い!症状・原因は?どんな影響がある?

肌だけではなく、強い紫外線は目にも大きな悪影響を与えます。

目は直接的なダメージを受けやすく、肌とは違い新陳代謝をしません。
なので、紫外線ダメージはどんどんと蓄積されてしまうのです。

目も肌と同じで、紫外線を沢山浴びた場合、メラニンが大量に生成されてしまうことも・・・。
注意しなければいけませんよね(>_<)

もともと目は紫外線から守る力を持っているのですが、強い紫外線を長時間浴び限界を超えると「目の痛み」を引き起こします。

目の痛みは「もう限界!」という目からのSOSなのです!
目からのSOSを早くに気付き、アフターケアをしてあげる事がとても大切になってきます。

紫外線が引き起こす眼病

紫外線が原因で起こる眼病の症状などをご紹介します。

角膜炎(かくまくえん):黒目の表面に傷がつき、炎症が起きる。強い紫外線だけでなく、雪などの紫外線反射が多い所でも要注意です。
(症状)充血・痛み・涙が止まらない

白内障(はくないしょう):角膜を通過した紫外線によって、水晶体のタンパク質に変化が起きます。悪化すると失明の可能性も。
(症状)水晶体が濁る

翼状片(よくじょうへん):白目と黒目の境目が傷つき、その防御反応で白目の組織細胞が黒目に食い込んでしまう。
(症状)充血・異物感・目が乾く

黄斑変性症(おうはんへんせい):網膜に異常が出る眼病です
(症状)物が歪んで見える・ぼやけて見える。

スポンサーリンク

紫外線から目を守る対策

サングラス,メガネ

紫外線から目を守るためには、UVカット効果があるサングラスや帽子などで対策を行うことが大切です。

【サングラスを選ぶときのポイント】

紫外線カット効果があるタイプの物を選びましょう。
最近では度入りのサングラスなど種類が豊富にあります。メガネで紫外線をカットするタイプの物もありますが、サングラスはメガネよりも目との距離が近いため紫外線対策にはより効果的でお勧めです。レンズの色が濃い方が、紫外線をカットする力が強そうなイメージがあると思いませんか?
ですが濃い色のサングラスをかけると、瞳孔が開き目に沢山の紫外線が入ってしまうのです。
紫外線対策のつもりが、悪影響を及ぼしてしまうかもしれないので、レンズの色を選ぶときは注意してください!主にサングラスは正面からの紫外線を防ぎます。
ですが夏の強い紫外線は、側面からも目にダメージを与えてくるので、大きいレンズを選ぶよりも目にフィットするものがお勧めです。
正面と側面の両方から受ける夏の強い紫外線ダメージを防ぐためには、サングラス・帽子を活用ししっかりと対策を行うことが一番効果的です。

SOSに気づいたら?

長時間紫外線を浴び、痛みなど目からのSOSに気づいた時は、目薬でアフターケアを行うことがお勧めです。

日焼けしてしまった目を冷ましてくれる役割となるのが「目薬」です。
目薬でケアをし、十分に休息をとると良いでしょう。冷やしてあげることも効果的です。

詳しくはこちらもご覧ください。
目の紫外線対策には目薬?それともメガネやサングラスが効果的?

まとめ

ひまわり,空,晴れ

いかがでしたでしょうか?

私は、車を運転する事が良くあるのですが、夏休みなどは遠出して子供と遊びに行くため長時間になります。
思い返してみれば、運転中に目が痛くなったり、乾燥したりという経験がありました。

また偏頭痛持ちでもあるので、目の痛みから頭が痛くなることも💦
そうなると、長い時間かけてやっと目的地についても、具合が悪くなり子供との遊びを全く楽しめませんでした(>_<)

紫外線が原因だったのか・・・。

この記事を書くまで気づくことができず、具合が悪いことを旦那や子供に八つ当たりしてしまった自分にとっても後悔です(笑)(。-_-。)
今年の夏は、対策・アフターケアを万全にして、去年の分も楽しく過ごしたいと思います!!

紫外線から目を守る為には、まずは自分に合ったサングラス・帽子で紫外線対策をしっかりと行いましょう。
紫外線を長時間浴び、目が痛いなど少しでも症状に思い当たる事があれば、目薬でケアし早めの休息を。

記事をご覧いただいた皆さんが、楽しい夏を過ごせますように!

目の紫外線対策についてはこちらをご覧ください。
目の紫外線対策には目薬?それともメガネやサングラスが効果的?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!

スポンサーリンク



チクログの記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等でご紹介して頂けると嬉しいです。コピーやリライトされて文章をお使いになる場合なども、引用・参考元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼り記載してください。よろしくお願いいたします^^

シェアする

フォローする

トップへ戻る