紫外線対策の食べ物で朝トマトが良いって本当?理由と朝ダメな食べ物は?

夏も本番に近づき、から紫外線もジリジリと強さを増している感じがしますよね。

そこで心配なのが肌へのダメージです。

肌の大敵である紫外線。
美しい肌を保つためには、夏のUVケア(紫外線対策)は必須になります。

みなさんは、トマトが「飲む日焼け止め」と言われているのはご存知でしょうか?
実際にトマトに含まれるリコピンには、抗酸化作用が認められていて、紫外線ダメージに有効な働きがあることが確認されているのです。

今回は、紫外線ダメージに有効なトマトについて、

  • いつ、どのようにして食べたら効果的なのか?
  • 日焼け対策に効果的な栄養素
  • 食べると逆効果になってしまう食べ物

などをご紹介します!
美しい肌を保ち、楽しい夏を過ごしましょう(^^♪

スポンサーリンク

紫外線対策で朝、トマトを食べるのがいいのは本当なのか?

トマト

トマトに含まれる「リコピン」は、美肌に効果的とテレビや雑誌で耳にする方も多いのではないでしょうか。

リコピンには強い抗酸化作用があり、紫外線によるシミ・シワの原因である、活性酸素を除去する効果があります。

では、いつ食べるのが効果的なのでしょうか?

吸収率のピークになる時間は、

  • 朝が3時間後
  • 昼が11時間後
  • 夜が7時間後

となるようです。

よって、リコピンの吸収率が一番良いのは、ということになります。
朝にトマトを食べると、リコピンはすぐに身体の中で吸収され、そして吸収される量も多いんですね^^

生で食べたほうがいいのか?加熱した方がいいのか?

トマトは様々な食べ方がありますが、生ではなく加熱して食べることによって、リコピンの吸収率は上がります

トマトを生の状態で食べても、リコピンが固い細胞壁に包まれているため、体内であまり吸収されません。
ですが、トマトを加熱することにより、細胞壁を壊すことができるので、リコピンの吸収率が高くなります。

朝は忙しくて、あまり調理している時間がない!

という方は、トマトジュースがお勧めです!

※紫外線対策効果を得る為に一日に必要な摂取量は、一に当たり15㎎。
トマトジュースなら約コップ一杯分、Lサイズのトマトの場合は2個分となります。

スポンサーリンク

日焼け対策に効果的な栄養素とは何か?

空

リコピンの他にも、紫外線ダメージを抑えるのに効果的な栄養素をご紹介します!

ビタミンB ビタミンBは美容に効果的な栄養素です。なかでもビタミンB2は美肌や皮膚癌予防にも効果的だとされています。
(レバー・卵・大豆・乳製品・魚介類・葉菜類など)
ビタミンC ビタミンCには抗酸化作用が期待されるので、紫外線ダメージを抑える効果や皮膚癌予防にも効果的な栄養素です。
また摂取する時には、ビタミンEと一緒に摂るのがお勧めになります。
ただし、芋類以外は加熱調理すると、ビタミンCが壊される可能性があるので注意が必要です。
(オレンジ・いちご・ブロッコリー・ほうれん草・キャベツ・ジャガイモなど)
ビタミンE ビタミンC同様、紫外線ダメージを抑えてくれる代表的な栄養素で、美肌には欠かせない栄養素です。
摂取する時には、吸収を助けてくれるビタミンCと一緒に摂るのがお勧めになります。
ビタミンEが豊富な食材は、酸化してしまうと逆効果となってしまうので、新鮮なうちに食べるようにしましょう。
(大豆・植物油・ごま・アーモンド・ピーナッツ・鶏肉・魚介類・ほうれん草など)
ポリフェノール 紫外線ダメージを抑える効果があり、美容と健康に非常に効果的な栄養素が含まれています。
(赤ワイン・大豆・玉ねぎ・チョコレート・緑茶)
B-カロテン ポリフェノール同様、抗酸化作用があるので紫外線ダメージを抑える効果があります。
(人参・パセリ・しそ・モロヘイヤ・ほうれん草)

逆に食べるとダメな食べ物は?

フルーツ,果物

紫外線吸収しやすい食べ物があるのはご存知でしょうか。

朝食でフルーツを食べられる方も多いですよね。
ですが、朝のフルーツには注意が必要なのです。

朝の柑橘類やキウイには、紫外線を体内に吸収してしまう成分のあるものがあり、摂取後7~8時間かけて紫外線を活性化し吸収していきます。

柑橘類やキウイは、ビタミンCが多く含まれているので美肌に効果的です。
しかし、大切なのは食べるタイミングで、紫外線を吸収しやすい食べ物は、夕方の空腹時やおやつなどに食べることで良い効果をもたらせてくれると言われています。

紫外線を吸収しやすい食べ物はこちら。

  • グレープフルーツ
  • レモン
  • オレンジ
  • みかん
  • 甘夏
  • キウイ
  • アセロラ
  • いちじく
  • パクチー
  • きゅうり
  • セロリ
  • パセリ など

まとめ

いかがでしたでしょうか。

トマトが身体にも肌にも良いという事は知っていましたが、まさか紫外線ダメージを抑える効果があるとは・・・。
(◎_◎;)

本当に万能食材なのですね。

ですが、摂取する時間によって効果が変わることや、逆に摂取する時間を間違えてしまうと、紫外線を吸収しやすくなってしまう食材があるなんて・・・。

最近では、スムージーなども流行っていて、朝食の代わりに飲まれている方も多いですよね。

私もその中の一人です(>_<)
スムージーも今はいろいろな種類があるので、柑橘系のものなどは気を付けなければいけませんね。

夏本番に向けて、しっかりとした紫外線対策と「朝トマト!」

これで肌の大敵「紫外線」に打ち勝つ対策はバッチリです!!

私は、毎年夏に家庭菜園でミニトマトを育てています。
ミニトマトはまめにお世話をしなくても、すくすくと育ってくれるので育てやすいのですよ!
自宅で作ればコストもかからないし、肌には良いし一石二鳥ですよね。

私も朝トマト頑張りまーす!(^^)!

いつまでも若々しくいたい皆さんも、是非一度お試しください!


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチクログをフォローしよう!


チクログの記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等でご紹介して頂けると嬉しいです。コピーやリライトされて文章をお使いになる場合なども、引用・参考元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼り記載してください。よろしくお願いいたします^^

シェアする

フォローする

トップへ戻る